1. まとめトップ
  2. カラダ

夏からじゃ遅すぎる?今からやるべき「春の紫外線・美肌対策」!

春になると陽気な日和で外に出る機会も多くなりますが、紫外線対策や美肌対策はしっかりしてますか?実は春の紫外線量は冬とは比べ物にならないんです。めんどうだから、まだ暑くないからと紫外線対策を怠ると、将来はシミだらけに・・・。ۤ

更新日: 2014年03月21日

386 お気に入り 60000 view
お気に入り追加

◆春の紫外線量がかなり凄い

実は紫外線は3月から増え始め、5月に早くもピークを迎えるとも言われています。

3月の紫外線量は残暑のキツイ9月とほぼ同等なのです。柔らかな春の日差しの中にも、かなりの量の紫外線が降り注いでいますから、油断は大敵です。

夏の日差しの強い時期だけ必死に紫外線対策をして、春に無謀になってたりしませんか?

ポカポカした陽気に誘われて戸外で過ごす機会が増えるこの時期は、紫外線量も増えてきていますので、日差しが柔らかいからといって安心するのは禁物です。

なんとなく「UVケアは夏にするもの」と思っている人には「春から本番」を強調したいと思います。

◆春のお肌は一番無防備な時期

春先は紫外線が増えるのに肌は一年中で最も明るく白いので、紫外線に対して最も無防備な状態にあります。

冬と比べて格段に紫外線量が増えるのに、春のお肌はそれに対応できる状態ではありません

さらに花粉の増加、気温の変化、新生活によるストレスなどの原因により、春は肌トラブルが尽きない季節でもあるのです

◆春に注意しておきたいスキンケア対策

①基本の日焼け止めは5分後に!

日差しが強くないから、曇っているから、暑くないから。これらは紫外線とは全く関係ありません、日焼け止めは毎日塗りましょう

「今日は天気もイマイチだから日焼け止めはいっか」なんて思っていたら大間違い。紫外線は天候を問わず降り注ぐもの。どんなときでも塗り忘れはいけません。

日焼け止めは乾燥の原因にもなります、しっかりとスキンケアをしたら最低5分あけてから日焼け止めを塗りましょう

基礎化粧品で保湿ケアをしてから、5分以上の時間を空けて日焼け止めを塗ることをおすすめします。

しっかりと化粧品をお肌に吸収させてから日焼け止めを塗ると乾燥を防ぐ事ができます

▷潤い効果の高い日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを塗ると乾燥が気になるという場合には、保湿機能のある日焼け止めを選ぶといいでしょう。最近ではお肌に優しくてもUVカット効果の高いものや、保湿も同時に行う製品も増えています。

出典ameblo.jp

どんどん進化している日焼け止めは保湿効果の高いものがたくさんでています。自分に合うものを見つけましょう

日焼け止めがあまり合わない場合、uv対策もできてスキンケア効果のあるCCクリームなどもおすすめ。

[化粧下地]+[メイクアップ効果]+[UVカット効果]+[スキンケア効果]が1つに。つまり、スキンケア機能が充実しているのが特徴!

CCクリームは肌への負担がなく、日焼け止めとしての効果も高く、カバー力もばっちりなので、手や足のちょっとした日焼け止めとしても使えます。

②保湿を念入りに!ヒアルロン酸タイプがおすすめ

夏になる前に、夏の強い紫外線に負けない肌の土台を作っておくためにも、春のスキンケアはとても大切です。

春のお肌トラブルの1番の原因ってなんだと思います?それは、『お肌の乾燥』によるものが、ほとんどなのですっ!

春は花粉や紫外線など外部からの刺激が多くなる季節。保湿を集中して行いましょう

春のお肌には油分よりも水分を補給することが最重要。水分保持機能を高めるヒアルロン酸やセラミドなどの成分はこれからの季節に特におすすめです。

春の乾燥を防ぐにはヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶのがおすすめ!

③帰宅後は即効でメイクオフ!

1 2





気になることをまとめていきます!

メール
hatarakoh@yahoo.co.jp
ツイッター
https://twitter.com/hatarakita9nai


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう