1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

役作りのために短期間で肉体改造した、マーク・ウォールバーグ氏の筋肉と精神力がスゴい!!!

映画「Ted」での演技も記憶に新しい、ハリウッド俳優「マーク・ウォールバーグ」氏。トレンディな役をこなす、素敵な俳優さんと思いきや、とんでもなく、ハードがトレーニングもこなす、スゴい役者さんだったのです。

更新日: 2014年03月21日

86 お気に入り 125919 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sportsmanさん

映画「Ted」でも存在感抜群だったハリウッド俳優、ウォールバーグ氏

映画「猿の惑星」「デパーテッド」「Ted」などに出演する、ハリウッドの有名俳優の1人。

マークが演じているのは、命が宿っているクマのぬいぐるみ“テッド”が大親友の主人公ジョン。いい歳としをして自分に甘く、テッドとつるんでばかりいるダメ男ですが、なぜか憎めない愛すべきキャラです。

▶︎そんな彼が過酷なチャレンジに挑んでいた・・・

マークウォールバーグは、映画「ペイン&ゲイン」でボディビルダーの役を演じるため、41歳にして筋肉増量のためのメニューを組んだ

【映画】「ペイン&ゲイン」:キャラクター設定が「ボディービルダー」なだけに、役作りは「演技」だけに留まらない・・・

▶︎実は元々・・・下着モデルにもなったほどの「肉体美」の持ち主

92年にはカルバン・クラインの下着モデルとしても話題になった。

普通に・・・ムキムキです!!!

それなら、筋肉を作るのも簡単・・・???

マークウォールバーグはもともと21歳くらいの時にマーキーマークという名前でデビューしたラッパーでした。マークウォールバーグはそのマーキーマーク時代の若い時から相当筋肉を鍛えており、20代前半当時の肉体は身長約173cm、体重約70kg、体脂肪率は8%程度だったといいます。

▶︎しかし「41歳」での、そのトレーニングはかなり・・・過酷!!!

マークウォールバーグは2013年4月26日公開予定の映画「ペイン&ゲイン」ではボディビルダーの役を演じるため41歳にして筋肉増量のためのメニューを組んだウエイトトレーニングと食事で165ポンド(約75kg)ほどの体重を205ポンド(約93kg)まで増量しました。

なななんと、「約20kg」も体重を増やしたのです。これは尋常なトレーニングではそうならない!!!

「1日10食にして、筋肉増量ドリンクを飲んでばかりいた」とマークは『Ted』のハリウッドプレミア会場で米情報番組 「E!」に語っている。「自分専用のものを飲んでいた。(健康食品会社)GNCとこのサプリメントの製造ラインを立ち上げたんだ」

なんと、サプリメントの製造ラインを作ってしまうほどの入れこみよう・・・ハリウッドのスケールがスゴい!!!

▶︎その結果・・・「筋肉」がスゴいことに!!!

アンバランスなぐらいに鍛え上げられた、上半身!!!映画のハルクのよう!!!

さすがの「役者魂」です!!!

お子さんと遊ぶ姿が・・・スゴい「パパ」に!!!

さらにマークは、筋肉を鍛えるのは大変だったと語る一方で、役のために肉体を改造することを楽しんでいる。肉体的なチャレンジであるのと同じく、精神的にもやりがいを感じたという。

▶︎実は・・・隣に一緒にいる俳優さんも密かにスゴい!!!

映画「ペイン&ゲイン」で共演し、雑誌の表紙も一緒に飾っている。

こうしても見ると、ウォールバーク氏があまり大きく見えない・・・

映画「ワイルドスピード」や「GIジョー」などに出演するハリウッド俳優

実は彼は・・・

この筋肉・・・それなら、ムキムキのウォールバーグ氏が隣にいても、違和感がないわけです。

「納得」です!!!

そして、ウォールバーグ氏は、肉体改造だけでないチャレンジもしている・・・

▶︎子供のために「高校」卒業にも挑戦!!!

チャレンジした理由は、高校中退を最大の過ちだと悔やんでおり、自分の子どもたちのお手本になるためだったと明かしています。

「役作り」もさることながら、結果を出すその姿勢や精神力は「カッコいい」の一言です。

米「People」誌では、多くの若者に対してメッセージを発信。「いま、ここ(高校)にいるべきなのかと疑問に思っている子がいたら伝えたいんだ。41歳になって高校へ戻るのは、とても大変なんだよ」と語っています。

1