1. まとめトップ

こんなにいる! 広島カープのイケメン選手【2014年版】

2014年シーズンの広島カープのイケメン選手まとめ。今年のカープもイケメン揃いです。顔だけでなく野球の活躍も期待してます!

更新日: 2015年01月23日

32 お気に入り 156735 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mickolioさん

生年月日: 1990年3月11日 (24歳)
生まれ: 東京 東大和市
身長: 171 cm
年俸: 3,900万円

昨季はレギュラーに起用され、141試合に出場。リーグトップの50犠打、二塁手としてはリーグ最年少でゴールデングラブ賞に輝くなど、飛躍のシーズンを過ごした。今季も野性味あふれるプレーで、ファンを魅了していく。

生年月日: 1991年8月17日 (22歳)
生まれ: 愛知県 豊田市
身長: 183 cm
年俸: 2,000万円

昨季は6月に自身初のサヨナラ弾を記録したが、シーズンを通して打撃が低迷。8月には骨折による戦線離脱もあり、クライマックスシリーズの出場はなかった。巻き返しを図る今季は、三塁手のレギュラーとして全試合出場を狙う。

生年月日: 1991年6月17日(22歳)
生まれ: 長崎県大村市
身長: 187 cm
年俸: 1,500万円

大学No.1の異名をとる黄金ルーキー。最速153キロの直球に加え、多彩な変化球で打者を手玉に取る。アマチュアながら侍ジャパンに選出されるなど実績は十分。その高い潜在能力で、1年目から投手陣の軸を目指す。

生年月日: 1991年9月1日(22歳)
生まれ: 鳥取県米子市
身長: 187 cm
年俸: 1,200万円

高いゲームメーク能力を持つルーキー右腕。亜細亜大では1学年上の東浜(現ソフトバンク)と主戦を任され、制球力や投球術に磨きをかけた。プロでも向上心を常に持ち続け、チームを歓喜へ導く使者となりたい。

父親はアメリカ人でマイナーリーグの選手、妹はモデルの九里聖莉奈(https://twitter.com/senyataro)。

生年月日: 1989年4月11日(25歳)
生まれ: 千葉県 勝浦市
身長: 177 cm
年俸: 5,100万円

昨季は持ち前の野球センスが完全に開花。自身初の盗塁王、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、走攻守にわたる活躍でチームの中心選手に成長した。今季は新たな背番号「9」を身にまとい、名外野手の系譜を受け継いでいく。

生年月日: 1988年4月13日(26歳)
生まれ: 茨城県日立市
身長: 177 cm
年俸: 900万円

強肩強打が持ち味の8年目捕手。昨季は31試合の出場で自己最多の3本塁打を記録。パンチ力を秘めたバッティングを生かすため、一塁手としても起用された。今季は攻守に磨きをかけて、レギュラーの座を狙いたい。

生年月日: 1982年1月8日 (32歳)
生まれ: 山形県 天童市
身長: 183 cm
年俸: 8,400万円

再起が待たれるかつての主砲。昨季は24試合の出場にとどまり、2年連続で本塁打なし。5月以降は二軍暮らしが続き、悔しい一年を過ごした。持ち味の豪快なスイングを取り戻して、チームのさらなる躍進を支えていきたい。

生年月日: 1991年6月21日(22歳)
生まれ: 静岡県沼津市
身長: 175 cm
年俸: 550万円

近未来の赤ヘル打線をけん引するリードオフマン候補。昨季は二軍で主に二塁手として86試合に出場するも、一軍出場はならなかった。5年目を迎える今季は悲願の一軍への切符をつかみ、高い野球センスを発揮したい。

生年月日: 1991年4月17日(23歳)
生まれ: 長崎県佐世保市
身長: 183 cm
年俸: 5,000万円

快速球で打者をねじ伏せる若きリリーフ右腕。さらなる飛躍が期待された昨季はチーム最多タイの57試合に登板するも、安定感を欠く投球が続いて2度の二軍降格を味わった。今季は本来の投球を取り戻し、フル回転の働きを誓う。

生年月日: 1989年3月22日(25歳)
生まれ: 福岡県福岡市博多区
身長: 185 cm
年俸: 1,100万円

150キロ前後の速球を武器に、攻撃的なピッチングを見せる若手サウスポー。昨季は4月にプロ初勝利を挙げるなど、自己最多の12試合に登板した。今季は1年間先発ローテーションを守り、大きな期待に応えたい。

生年月日: 1980年9月30日(34歳)
生まれ: インディアナ州インディアナポリス
身長: 193 cm
年俸: 1億3,500万円

打たせて取るスタイルで凡打の山を築く助っ人右腕。昨季は順位争いが過熱した8月以降に7連勝を記録。チームのクライマックスシリーズ進出を手繰り寄せた。今季も安定感抜群の投球で、先発ローテーションを支える。

生年月日: 1989年6月24日(25歳)
生まれ: 岡山県 倉敷市
身長: 177 cm
年俸: 6,000万円

抜群の制球力でボールを四隅に投げ込む3年目右腕。昨季は自身初の2ケタ勝利を挙げる活躍で、チームのAクラス入りに貢献した。今季も冷静沈着なピッチングで、ローテーションの柱として白星を積み上げる。

生年月日: 1983年3月3日(31歳)
生まれ: 山形県上山市
身長: 191 cm
年俸: 1,850万円

両コーナーを突く投球が持ち味のサイドハンド右腕。巻き返しを図った昨季だったが、自己最少となる8試合の登板に終わった。近年は思うような結果を残せていないが、再びブルペンの中心としてフル稼働の働きが待たれる。

生年月日: 1979年3月29日(35歳)
生まれ: 大分県臼杵市
身長: 181 cm
年俸: 6,000万円

昨季は4月にプロ野球新記録となる15打席連続出塁を達成。2度目のオールスター出場を決める活躍で、序盤のチームを支えた。後半戦は失速してしまっただけに、今季は年間を通じて安定したパフォーマンスを誓う。

生年月日: 1980年10月11日(34歳)
生まれ: 広島県三次市
身長: 173 cm
年俸: 1億円

攻守で赤ヘル軍団を引っ張る遊撃手。昨季は規定打席未満ながら、打率.304を記録。悲願のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。新選手会長として迎える今季、万全の体調でチームを優勝へと導く。

生年月日: 1987年5月24日(27歳)
生まれ: 新潟県栃尾市(現・長岡市)
身長: 183 cm
年俸: 2,150万円

昨季はリリーフを中心に自己最多となる33試合に登板。クライマックスシリーズでも巨人を相手に2試合無失点と、確かな手応えをつかんだ。今季は先発ローテーション入りを目標に、さらなる飛躍を遂げる。

生年月日: 1980年7月12日(33歳)
生まれ: フロリダ州フォートローダーデール
身長: 198 cm
年俸: 5,000万円

パワフルな打棒で勝利を呼び込むホームランバッター。昨季は故障離脱や極度の不振に苦しむ時期もあったが、9月にチーム最多の7本塁打を記録した。来日3年目の今季も、キラとの助っ人コンビでアーチを量産していく。

生年月日:1989年7月3日(25歳)
生まれ:神奈川県厚木市
身長: 171 cm
年俸: 1,100万円

3拍子そろったルーキー内野手。JR東日本では1年目からレギュラーを奪取し、チームの都市対抗準優勝に貢献した。アマチュア時代に培った経験を大いに生かし、1年目から内野の定位置争いを制したい。

2015年版もどうぞ

1