現実の消費者は経済合理性では割り切れない行動をしばしばします。「消費税分5%還元セール」も、単なる「5%引きセール」だったら、お客様は反応しなかったでしょう

出典『売る力 ~心をつかむ仕事術』鈴木敏文著

消費者は、損失回避の心理が強い。同じ値引きでも単なる5%引きでは消費者が信用してくれない。が、「理由あって安い」なら、消費者は「損をしない」と納得して買ってくれる。この損失回避が最優先となる心理を理解しておくと、陳列の仕方も変わってくるはず。たとえば、大きなフェイスで陳列し、接客や売り方の演出で売り手の自信を示せば、消費者は「買っても損はしない」と納得する

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鈴木敏文氏(セブン&アイ会長)が教えてくれた商売の極意

流通業の神様とまで称される鈴木氏の功績はここで列記するまでもないが、今回の退陣騒動にも、彼らしさが垣間見えた。それは、業績がいいことと、今のセブンがいい状態であることとは違うということ。彼なりの基準でモノを見てきたその半生を、私なりに復習しておこうと思う。

このまとめを見る