出典 diamond.jp

セブンイレブンだけがなぜ売れるのか? 鈴木敏文氏の仮説検証力||ダイヤモンド

口を開けば「仮説」と「検証」という言葉がでてくることで有名な、セブン&アイグループの鈴木敏文会長。どこも同じような広さ、同じような什器、同じような品揃えのコンビニ。しかし、店舗あたりの売上高を見ると、セブン-イレブンは67万円と、ローソンの55万円、ファミリーマートの53万円を圧倒している。結論からいうと、商品が買い上げられるスピードが違う。気温ひとつで消費者の気分が変わるのをつかみに行くスピードこそが、鈴木会長の真骨頂だった。同氏曰く「現場に行け」は誤りだという。「多様化」ではなく、「画一化」だと見抜いたのも同氏だ

この情報が含まれているまとめはこちら

鈴木敏文氏(セブン&アイ会長)が教えてくれた商売の極意

流通業の神様とまで称される鈴木氏の功績はここで列記するまでもないが、今回の退陣騒動にも、彼らしさが垣間見えた。それは、業績がいいことと、今のセブンがいい状態であることとは違うということ。彼なりの基準でモノを見てきたその半生を、私なりに復習しておこうと思う。

このまとめを見る