「お客さんの立場に立って考えること。その一点に尽きます。お客さんに受け入れていただければ、どんな開発もコストが合う」

出典セブン鈴木敏文会長インタビュー〈前編〉「いつも転機の連続だった」 - 日経トレンディネット

鈴木会長のこれまでの試みは、その大半にパートナーがいた。もし、開発の段階でそのままの費用を現場にのせていたら、必ずしもうまく行かなかったはずだ。しかし、鈴木氏は試みを前に進めるために、工夫をしつつも妥協は一切せず、時にはパートナーが費用を担ってくれることもあった。「小売現場の素人だった」ことが幸いしたという同氏の言葉は逆に、本質を見抜く力の重要さを私たちに考えさせてくれている

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鈴木敏文氏(セブン&アイ会長)が教えてくれた商売の極意

流通業の神様とまで称される鈴木氏の功績はここで列記するまでもないが、今回の退陣騒動にも、彼らしさが垣間見えた。それは、業績がいいことと、今のセブンがいい状態であることとは違うということ。彼なりの基準でモノを見てきたその半生を、私なりに復習しておこうと思う。

このまとめを見る