出典 thepage.jp

ローソン営業利益は過去最高に 玉塚社長「セブン鈴木会長の退任は驚いた」|The PAGE

コンビニ大手のローソンは、2015年度通期の連結業績を発表:営業総収入は前年比17.2%増の5834億円。また、営業利益は、成城石井など連結子会社の好業績を反映して同2.9%増の725億と過去最高となった。業界3位だったファミリーマートがサークルKサンクスのグループと経営統合し、ローソンとは立場が逆転してしまった。玉塚社長は、鈴木敏文会長について問われると、「尊敬する経営者の一人。コンビニ業界の原型をつくり、リードしてきたのは明白。小売業に携わった当時、鈴木さんの本をたくさん読んだ」と答えた

この情報が含まれているまとめはこちら

鈴木敏文氏(セブン&アイ会長)が教えてくれた商売の極意

流通業の神様とまで称される鈴木氏の功績はここで列記するまでもないが、今回の退陣騒動にも、彼らしさが垣間見えた。それは、業績がいいことと、今のセブンがいい状態であることとは違うということ。彼なりの基準でモノを見てきたその半生を、私なりに復習しておこうと思う。

このまとめを見る