1. まとめトップ
  2. カラダ

リバウンドは仕方ない!? ダイエットの前に知っておきたい体の仕組み

女性ならほとんどの人が経験のあるダイエット。しかし成功している人が多くないからこそ、次から次へと新しいダイエット方法が出てくるのかも知れません。ダイエットを始める前に、まずは体の仕組みを理解しておきましょう。

更新日: 2014年03月23日

521 お気に入り 230151 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

多くの人がダイエットし、リバウンドするという現実

アメリカでの統計ですが、ダイエットをしてもほとんどの95%が失敗とされています。

ダイエット経験者は女性全体の約8割に上るが、その成功率は約3割にとどまっているとのアンケートによる調査結果も

日本の例

R40女性 リバウンド率73%

100名のR40女性にアンケートを取ったところ、ダイエット経験者は94人。だが、リバウンドの経験がある人も73人

リバウンドのきっかけについて聞いたところ、1位は「食べたい欲求を抑えられなくて」

後で説明が出てきますが、脳が「食べたい欲求」を増やしているのです!!

リバウンドしてしまうのは、意思の強さとは関係がないらしい

強い意思を持っていることと、「リバウンドに良い結果を生み出す」とでは、必ずしも直結するとは限りません。

もちろん、強い意思は大事ですが。

ダイエットに成功してもリバウンドしてしまうことがあります。それは、決して意思が弱いからではありません。

脳は、現在の体重や体脂肪量(=セットポイント)を覚えている?

セットポイントとは、脳が認識している体のベストな状態のことである。

人間の脳が自分のベスト体重だと認識している体重を意味しています。

脳が目標にしている体脂肪量をセットポイントと呼び、人それぞれ異なる値が設定されています。

予め、脳が決めているセットポイントから、はずれると、脳は、必ず、これを元に戻そうとする

この「セットポイント」がリバウンドを起こす大きな原因となる

やせると体が危機感を覚え、元の体重に戻ろうとして頑張るようになります。そして少しのエネルギーでも、無駄なく脂肪として蓄積しようとするのです。

脳の中の「バランスを保とうとする働き」が「体脂肪が減っているぞ!」という情報をキャッチし、体脂肪が減らないように食欲を増進させたり、消費エネルギーを減らしたり

短期間で急激にダイエットするとすぐにリバウンドしてしまったり、減量中に停滞期が訪れるのも、これらが原因

脳の要求にしたがって生活していれば体脂肪(ひいては体重)は必ずセットポイントに戻ってしまう

長らくその体重を維持していれば、体はその体重に戻ろうとする

ダイエットは、短期的にはうまくいっても、必ず、リバウンドがある、というのが、セットポイント説による説明

セットポイントは下げる事ができるという説も

減った体重がセットポイントとしてインプットされるのには3年くらいかかるといわれています。

減らした体重を3年間、戻さずにキープしてこそダイエットに成功したといえそう

1 2