1. まとめトップ

人気の電気書籍リーダーレビュー比較まとめ(kindle booklive等)

今大人気の電子書籍リーダーのamazonレビューを比較しやすくまとめました

更新日: 2014年03月22日

0 お気に入り 708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

james0428さん


クラス最軽量、とても軽くて電車の中で読書するのに最適です。旧機種に比べてマット仕上げの本体も上質感があります。画面のリフレッシュがなく、読書に集中できるのも大変満足しています。この点は大進歩。キンドルよりもスペック上の画素数が粗いのが心配でしたが、全く気になりません。WiFiもサクサク動作し快調です。


T2、T3とボタンが機能の形をしています。ページ送りボタンは矢印です。
これが長時間使用していると指に食い込んで痛いです。普通に丸ボタン希望です。
また、ボタンには銀色の蒸着加飾がされていますが、よく使うページ送りボタンがはがれてきました。
これは従来機種T2でも同様でした。


価格的には2万円前後だが、電子ブック購入ポイントが5000円分付いてくるため、その部分を考慮するとKindle Fireとほぼ同価格。

電子ブック独自のボタン(しおり 等)も独立して用意されており、電子ブックリーダーとしての操作性は比較的高いと思う。


しおり、本棚など使いやすそうな機能は、基本BookPlaceで購入した本だけで使える機能で
pdfなどの形式には使えませんでした。


現在発売されている電子書籍端末としてはおそらく最高のものだと思います。
旧モデルから、何点かの優れた「改良」がありましたが、「改悪」はないと感じます(辞書機能が少し使いにくくなったこと以外は…)。
旧モデルを持っていない方、また電子書籍端末をまだ持っていない方にとっては、大変に素晴らしい商品だと思います。
特に活字の本(文字だけの本)を読むのには最適だと思います。


複数辞書検索ができない

1