1. まとめトップ
  2. カラダ

コンタクトレンズで花粉症の人は要注意!目のトラブルリスクと対処法

温かくなると同時に辛い症状が出始める花粉症。目のトラブルを抱える人も多いですが、コンタクトレンズをしてる人は目のトラブルが起きるリスクが高くなるので、注意が必要です。

更新日: 2014年03月22日

canyonstreamさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
119 お気に入り 212234 view
お気に入り追加

花粉症で目が痒い!

花粉症の症状は、鼻水、くしゃみ、鼻づまりの他に、目の痒みや違和感などの、目の症状があります。

コンタクト着用だと、更に目のトラブルが起きやすい

なにせ花粉が目に入るわけだから、当然コンタクトレンズだって汚れちゃう。

花粉症の方がコンタクトレンズをそのまま使っていると
・目がゴロゴロ
・目のかゆみ、充血
・コンタクトがずれやすい
・メヤニでレンズがくもる  などの症状が出てきます。

少しするとすぐに曇ったり、目のかゆみ、乾燥、ずれ、ちょっと油断するとポロッと外れちゃったり

花粉症の場合ただでさえ目のトラブルが起きやすい状態のうえにコンタクトレンズを装用している人はさらに要注意

コンタクトレンズを装用していると涙による洗浄効果が低下し、アレルギーの元となる花粉が目の中に停滞しやすくなる。

この時期だけ、メガネにするのが安心

なるべくならコンタクトは避けて、フツーのメガネがお勧め

一番いいのは花粉の飛んでいる時期はコンタクトを中止にすることです。

とりわけ、レンズの大きなメガネなどを着用することで、目に入る花粉の量は大幅にカットでき、そのカット率は最大で50%近い

メガネが嫌なら、1DAYに切り替えるのもアリ

コンタクトレンズ装用者のほとんど(93.5%)は、「花粉シーズン中もコンタクトレンズを使用いたい」

1日使い捨てタイプは毎日新しいコンタクトレンズを使用することで、最初から汚れを目の中に入れてしまうリスクを避けられる

どうしても2WEEKを使うなら洗浄に気をつけたい

1 2





canyonstreamさん

生活に役立つことを中心にまとめていきます。よろしくお願いします。

このまとめに参加する