1. まとめトップ

名古屋駅周辺の観光。短時間で行ける名所・見どころはこちら!

「名古屋は何もない」?いいえ、そんなことはありません!愛知県外から来た方向けに、短時間で行けそう、かつ面白い、名古屋駅前や名古屋駅周辺の観光名所をピックアップしました。

更新日: 2014年04月11日

aichimasterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
155 お気に入り 1681498 view
お気に入り追加

●ナナちゃん人形

季節によって様々な服や水着に着替え、行政イベントや、ユニフォーム姿で中日ドラゴンズの応援媒体としても活躍し、着替えた後の姿が地元マスコミで報道される事もある。イベントなどのない場合に無着衣のこともある。

●東急ハンズ名古屋店

出典co-ws.com

JR名古屋駅直結

名古屋店は全国のハンズの中でも屈指の売り上げをあげている。

※写真は6F手芸コーナー「私の時間」

日本各地にある東急ハンズですが、全国でも名古屋店だけにしかないちょっと変わった売り場があるのです。

2006年9月に開設された「男の書斎」は、職人の手作りのガラス器や革小物、デザイン性に優れたステーショナリーやミニカー、インテリア、ファッションなど、従来のハンズにはなかった趣味性が高いアイテムをよりすぐっている。そのほとんどが全国のハンズの中でもここにしかない商品だ。名古屋店では、ほかにも料理人御用達の料理器具の逸品を集めた「職人の技」、2月にオープンしたバッグ専門コーナー「FUKURO MUSEUM」など、他店にはない売り場を数々設けている。

●大名古屋ビルヂング

「大名古屋ビルヂング」は1962年から2012年まで名古屋駅前のランドマークとして長年親しまれてきた建物の再開発で、建て替え後も昔の名前をそのまま引き継ぐ。

名古屋の象徴ともいえる存在。
特に屋上にあったビアガーデン「マイアミ」は、サラリーマンの心のオアシスでした。

●屋外型展望施設「スカイプロムナード」

名古屋で夜景を見るなら一度は行って欲しいスポットです。 名古屋駅各線から徒歩5分程のミッドランドスクエア屋上にあります。1階からエレベーターで上がり、エスカレーターで更に上がると、そこはまさに絶景!!!!!名古屋の街並みが一望でき、まるで光の絨毯のようでした。 カップルでも家族でも感動ものの夜景です。 冬は寒いので暖かくして行った方がいいですね(^^)

●シネマスコーレ

当初はピンク映画なども多く上映していたが、1980年代後半から旧ソ連や中国、北朝鮮、インドなど、当時はまだ注目を集めていなかった外国映画を上映する一方で、黒澤明や小津安二郎など日本の巨匠作品や、市川雷蔵主演の眠狂四郎シリーズ、マキノ正博の時代劇を集中上映するなど、ある意味で映画マニア向けの映画館だった。近年ではアジア映画も多く上映される。

スコーレでやるような映画はマニアックであっても観た人が感動するとか泣くとか笑うとか、何かを感じて帰ってくれるようなものをシネマスコーレは皆さんに提供していきたい。と僕は思ってる。

●柳橋中央市場(朝市)

出典pub.ne.jp

1910年(明治43)創設。
食に関するあらゆるものが揃う。

営業は4:00~10:00頃
閉店時間は各店で異なる。
日曜日・祝日休(水曜日不定休)。

名古屋駅から東へ徒歩5分
地下鉄国際センター駅から徒歩3分

観光客は午前8時から10時に利用するのがお薦めで、ワクワク感満載。
毎週金曜日と土曜日には、朝8時30分から1人1,000円で市場見学ツアーを行っている。試食ができるので参加者からは人気だ。開催日前日の午後4時までに申込めば良く、1名申込も可、10名以上参加で実施し、最大30名まで。

●円頓寺商店街・四間道

円頓寺商店街東の堀川沿いに、四間道と呼ばれる通りがあります。四間道の由来も円頓寺商店街と同じく江戸時代まで遡ることができます。
四間道には堀川を利用して名古屋城の城下町へお米、味噌、酒などを供給する商家が軒を連ねていましたが、元禄時代に生じた大火により多くの商家や町屋が焼失してしまったため、大火を防ぎ、商業活動を活性化させるため、道路を四間(約7メートル)に拡幅したことがその名の由来と言われています。
今でも古民家や土蔵が立ち並ぶなど名古屋城の城下町の雰囲気が感じられるまちなみが残されており、近年、古民家や土蔵を改装した飲食店や雑貨店が相次いでオープンしており、新たな魅力を発信しています。

●中央菓子卸市場

1 2





aichimasterさん

愛知県の観光案内をします。