1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

もうひどい写真は見たくない!!免許証の写真うつりを良くする方法

免許証の写真うつりに納得している人は少ないと思います。光源の問題や特有の背景の色等から、対策をせずに写真をとると酷い写真になりがちです。免許証の写真うつりを良くする方法をまとめます。

更新日: 2014年04月08日

75 お気に入り 238414 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

▼ 対策をせずに写真をとると酷い写真になる・・・

免許証の写真を気に入っている人は少数派だと思います

特長を抑えて万全の体制で臨めば写真映りが格段にアップ

なぜか多くの人が不機嫌そうに撮られてしまうから不思議です

写真全体が青っぽく仕上がり、顔色も悪く見えがちになる

運転免許試験場や警察署での撮影は、背景が青色または水色という影響もあって、写真全体が青っぽく仕上がり、顔色も悪く見えがち

▼ トップスは 「白」、ひざに白いハンカチを置く

トップスは白で。ひざに白いハンカチをできればおくといい

ベストカラーは、顔色が明るく見える白またはベージュです

緑や赤などのはっきりとした濃い色も顔に色が映り込んでしまう

ブルー系の服は、背景と同化して写真がぼんやりとした印象に

膝上の白いハンカチには 「レフ板」 のような効果がある

膝の上に白いハンカチや封筒を載せておくこと!!これをしておくと光が反射して顔の下側に極度の陰影がつくのを避けられます

黒などのダークトーンは、顔色をくすませる効果がある

黒などのダークトーンを選ぶ人も多いですが、背景が青色や水色の運転免許証写真の場合は、顔色がさらに沈んで見えるという逆効果

▼ 薄手の生地 & 襟元が開いているものを選択

ラインが出る薄手の生地のものをセレクトしてスッキリと見せる

Vネックやラウンドネックにすれば首が長く見える

襟元が詰まっているものより、Vネックやラウンドネックなど襟元が広く開いている服の方が、首が長く見えて細身な印象になります

▼ 撮影前はリラックスする & 気分を高揚させる

音楽を聴いたり何か笑える話を思いだしたりして気分を高揚させる

時間になったら、なるべく気持ちに余裕を持たせるようにしましょう。「係の人や後ろの人を待たせたら悪い」などと考える必要はない

▼ 撮影直前は 「自分の間」 を作る ※自分のリズム

座ってからも出来るだけ長く目を閉じて下を向いてます

自分の順番がまわってきたら、うつむき加減でいすに座ります

準備ができるまで撮影のチャンスを与えないのが成功のコツ

「不意打ち」 で写真をとられないように注意する・・・

1 2