1. まとめトップ

高速道路休日割引 2014年7月1日から約50%OFF⇒約30%OFFに変わります

平成26年2014年4月1日から通行料金・ETC割引が変わります。高速道路の料金を混雑状況に応じて変動する制度が2016年度から導入予定。16年度から首都圏、17年度から近畿圏の高速道路で導入を目指す。

更新日: 2015年02月13日

3 お気に入り 172538 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pharenaさん

通勤割引・早朝夜間割引・平日夜間割引・平日昼間割引・休日特別割引等は2014年3月31日をもって終了

平成26年7月1日から休日割引約50%OFF⇒約30%OFFに変わります。

国土交通省は14日、東日本など高速道路各社がまとめた4月からの新料金を許可したと発表した。消費税の増税に加え、割引制度の縮小で高速料金の値上げが正式に決まった。

 高速道路料金は現在、基本的に50円刻みだが、増税分を適切に転嫁するために10円刻みにする。

 自動料金収受システム(ETC)搭載の車両を対象とした割引については、普通車の地方部での深夜時間帯を5割から3割に縮小。土日祝日の5割引きは6月末まで続けるが、7月以降に3割引きにするなど再編する。

 本州四国連絡高速は、割引縮小の一方、基本料金の大幅引き下げで現行水準を維持する。ただ、増税分は上乗せする。

2014年4月1日からの消費税増税8%で高速道路料金も消費税増税分が
上乗せになります。

・運送業者などの大口利用者、および利用回数が多い車については、2015年3月末まで最大5割引きに引き上げ、2015年4月以降は最大4割引きとして継続。

・東京湾アクアラインについては千葉県による費用負担を前提に、当分の間現行の800円を継続。

・首都高速道路については2015年度まで、阪神高速道路については2016年度まで現行料金を維持。

・本州四国連絡道路については、平日の通勤時間帯に利用回数が多い車と土日祝日に利用する車(いずれも普通車以下のETC車限定)を対象に割引制度を導入し、現在の割引後料金を維持。

高速道路 路肩の車線化で渋滞緩和へ

国土交通省は、高速道路の渋滞を緩和するため、渋滞が起きやすい区間を対象に路肩を車線に変えて2車線を3車線にしたり、一部のETCの利用者が渋滞の区間を避けるために一時的に一般道を利用しても料金が変わらないなどの取り組みを進めることになりました。

これは、2日開かれた国土交通省の道路分科会で示されました。
この中で、高速道路の渋滞を緩和するため、渋滞が起きやすい区間で路肩を車線に変えて2車線を3車線に増やす取り組みや、一部のETCの利用者を対象に渋滞区間をさけるために一時的に一般道を利用しても料金が変わらない取り組みなどを進める方針が示されました。

国土交通省によりますと、路肩を車線に変える取り組みは、3年前から愛知県内の東名高速道路の一部の区間で試験的に始めた結果、1キロ以上の渋滞の発生回数が10分の1に減り、事故の減少にもつながったということです。
国土交通省は故障車などのために、数百メートルごとに非常駐車用のスペースを設けるなどの対策を講じたいとしていて、関東で渋滞が起きやすい中央自動車道の調布インターチェンジ付近や東名高速道路の大和トンネル付近、それに関越自動車道の花園インターチェンジ付近などで順次、進めていくことにしています。

平成26年4月1日(火)午前0時から通行料金・ETC割引が変わります

平成26年4月1日から通行料金は消費税率の変更に伴い、通行料金が10円単位に

7月からは30%割引になってしまいます。

2014年4月1日からのETC割引の変更内容

国土交通省と高速道路会社3社は、現在のETC割引(高速道路料金割引制度)を
2014年4月1日から廃止・縮小します。

地方の休日割引については、当初4月まででしたが、景気後退への影響を配慮し、
現在の割引率を3ヶ月間延長し、2014年6月30日までとするとのことです。

2008年に経済対策として始めたETC割引の財源が、2013年度末でなくなるために
今のETC割引制度を見直し、渋滞緩和や地域経済の活性化などの効果が少ない
ETC割引を廃止・縮小します。

深夜割引は毎日 0時~4時のみが30%割引に

0時~4時の間にNEXCO3社が管理する割引対象道路を走行すれば割引が適用されます。

平成26年4月1日(火)午前0時から通行料金・ETC割引が変わりますのでご案内いたします。
※通勤割引・早朝夜間割引・平日夜間割引・平日昼間割引・休日特別割引等は2014年3月31日をもって終了します。

深夜割引(20時~24時、4時~6時)は、平成26年3月31日をもって終了となります。

平日朝夕割引(後日還元型)が始まり事前にETCマイレージサービスへの登録が必要

ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスにお申込みされたETCカードでのお支払額に応じて、ポイントが付きます。
お貯めになったポイントは、ETCカードごとに、所定の還元額(無料通行分)に交換することができます。
還元額(無料通行分)は、交換後にご通行いただいた際の通行料金のお支払にご利用いただけます。

高速道路料金割引まとめ

実質的に割引対象となる時間帯は下記の通りとなります。

・東京・大阪近郊…平日休日問わずの0時~4時のみが実質的な割引の時間帯
・地方部…平日休日問わずの0時~4時、休日終日が実質的な割引の時間帯

国土交通省は高速道路の混雑状況に応じて変える料金制度を2016年度にも導入する検討に入った。

1 2