国土交通省は、高速道路の渋滞を緩和するため、渋滞が起きやすい区間を対象に路肩を車線に変えて2車線を3車線にしたり、一部のETCの利用者が渋滞の区間を避けるために一時的に一般道を利用しても料金が変わらないなどの取り組みを進めることになりました。

これは、2日開かれた国土交通省の道路分科会で示されました。
この中で、高速道路の渋滞を緩和するため、渋滞が起きやすい区間で路肩を車線に変えて2車線を3車線に増やす取り組みや、一部のETCの利用者を対象に渋滞区間をさけるために一時的に一般道を利用しても料金が変わらない取り組みなどを進める方針が示されました。

出典高速道路 路肩の車線化で渋滞緩和へ NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高速道路休日割引 2014年7月1日から約50%OFF⇒約30%OFFに変わります

平成26年2014年4月1日から通行料金・ETC割引が変わります。高速道路の料金を混雑状況に応じて変動する制度が2016年度から導入予定。16年度から首都圏、17年度から近畿圏の高速道路で導入を目指す。

このまとめを見る