1. まとめトップ

猫科最強の美しさ「オセロット」が可愛すぎる!

非常に美しい毛並みを持つオセロット。オセロットの生態や可愛すぎる赤ちゃん画像などをまとめてみました。

更新日: 2015年01月29日

141 お気に入り 256191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

オセロット

体長:65~120cm
体重:11~16kg
分布:北アメリカ南部からアルゼンチン北部
目:食肉目
科:ネコ科

オセロットとは、「野生のトラ」という意味のメキシコ語「トラロセロトル」からついた名前です。

多くは南アメリカの熱帯雨林の葉が茂った林をすみかとするが、草原にも生息し、北はテキサス州まで見かけられる。

熱帯雨林や落葉広葉樹林、沼地、マングローブ、サバンナなど多様な環境にすんでいます。

孤独が好き

普段は単独で行動し、他の個体と出会うのは通常は交尾のためだけといわれています。ただし、休息をとる日中はまれに他の個体と場所を共有することもあります。

ネコ科なのに「水」が得意

そんなオセロットのもう1つの猫らしくない特長は、「水」が得意であるということ。通常の猫は水が苦手。しかしこのオセロットは、上手に泳ぐことができるのです。

木登りも出来る

樹上生活に適応しており木登りも行うが、大抵は地上を行動圏としている。

主にウサギやネズミなどの小動物、カエルやイグアナ、魚などを食べるが、時にはカピバラのような比較的大きな動物も倒したり、ペッカリーの子どもなどを襲うこともある。また、オセロットは地上性の動物だが木登りもうまく、リスザルなどのサルや鳥なども捕食する

かみ砕くための歯がなく、エサを切り裂いて塊のまま飲み込む。ざらざらした舌で最後の肉片まで骨をきれいになめとる。

視力・嗅覚抜群!

オセロットは非常に鋭い視力を持つが、獲物を追跡するのに臭いを辿ることが研究によって判明している。

赤ちゃんは可愛すぎる

生まれたばかりの子どもは体重250g程で、目は閉じている。 2週間を過ぎる頃には目が開き、2~3ヵ月頃から親と一緒に狩に出かけるようになる。1年から1年半程で成熟し、この頃には親から離れて自分の縄張りをもつようになる。

なんといっても美しいその毛並み

ネコ科の中でも非常に美しく、最高級の毛皮とされている。尾は長く、楕円か鶏卵形の黒。毛足は長く光沢がありソフトで色は灰黄色縲怺D褐色の地に黒褐色斑紋が連なっている。毛足は非常に短く、毛質はやや柔らかい。

その美しさゆえに、、、。

その美しい毛並みから、かつてはコートやマフラーなどの毛皮目的にさかんに乱獲されていた。このため個体数が大幅に減ってしまい、今では国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種に指定されている。

米国での推定生息数 100匹未満、飼育下の生息数 95匹。
開発で生息地を奪われてしまった野生のオセロットは、米国ではテキサス州をのぞいてまったく姿を消した。中南米にはまだ生息するが、めったに人の前に姿を現さないため、信頼できる生息数のデータはない。

1 2