1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

■ 多くの人が挫折する家計簿!

家計簿はあなたの収入(入ってくるお金)と支出(出ていくお金)を見える化し、あなたの家計の問題点を発見・改善につなげる事ができる「家計管理の基本」となるツール

「家計簿をつければ、お金が貯まるって言うけど……ちっとも貯まらない」と悩んで、挫折した人は多いでしょう。

「さあ、やろう!」と張り切って、頑張りすぎると、長続きしなかったりします。

この機会にザル会計から卒業しようと思って家計簿買ってみたけど、すでに挫折しそうだ…

■ 家計簿はタダ付けるだけじゃダメ!

多くの人が「家計簿をつける」というと、買ったものや、銀行引き落としになったものを記入し続ける事だと思っています。

家計簿はタダ付けるだけじゃダメなんです。目的を持って効果的につけることが大切。

家計簿の役割というのは、自分の悪い癖を知って我が家の【お金の流れを把握する】もの

ちゃんと把握しようと思って、旦那のローンとかその他かかってるお金含め家計簿見直したら、1ヶ月あたりの支出がだいたい20万越えてて驚愕した。笑

■ 大切なことは「どこかに消えたお金」を発見する事!

家計簿をつける一番の目的は知らないうちに消えていったお金、いわゆる「使途不明金」を発見すること

どの家庭も、家計簿をつける前は2~3万円の使途不明金があります。まず1ヶ月家計簿をつけてみて、「食費」「通信費」という費目毎に集計してみましょう。

その月のお金が何に多く使われたのか、なんとなく把握できます。「今月は食費が多かったな」とか、「お祝いごとで大きな出費があったな」ということが分かります。

たまった家計簿を書いてるんだけど実際の財布の中身に比べて出てくる残高が3000~4000円ほど高い。消えたお金はどこに

■ 今月使ったお金より、ちょっと減らすつもりで予算を立てる!

「こんなに外食していたの?」「携帯電話使いすぎ!」など、家計簿をつけ始めると次から次へと発覚する、無駄遣いの嵐・・・。

「お金が余ったら貯金」なんて言っていても、なかなかお金は余らないもの

「なんとなくお金を貯める」「ただ漠然と今より貯金を増やす」くらいの意識では、たぶん失敗してしまうでしょう。

ここで「外食費2万円」「通信費1万5千円」という「予算」を立てます。最初は無理せず、今月よりちょっと減らすつもりでやってみましょう。

■ こだわりすぎない!とらわれすぎないのが大事!

そもそも家計簿は何のためにつけるのでしたっけ?立派な家計簿を作成するためではありませんよね。

家計簿をつけていてわずらわしいのが1円単位の数値を合計する作業です。1円や10円単位の数値が合ったからといってそこに大きな意味はありません。

1 2





chat01574さん