1. まとめトップ

春から思い切ってトライしたい「メンズカラーパンツ」の着こなし術

上着などは結構こだわりがあって、それなりに色々な種類があるものの、パンツはいつもジーンズばかりという人多いのでは?今年の春は、そんな自分から卒業してカラーパンツにトライしてみましょう!参考にして頂きたくメンズカラーパンツの着こなし術をご紹介します。

更新日: 2014年03月25日

911 お気に入り 454121 view
お気に入り追加

○パンツはいつもジーンズだけ・・・という方が結構多い

ジーンズは履きやすくて合わせやすいというのもあって、男性にとても人気があります。

今の時代、ズボンと言えばデニム地のパンツ(ジーパン)って感じの方程式が成り立っている

現代で、男女通じて、一番はかれているパンツは、ジーンズでしょう。老若男女、ほとんどの人が、持っているのではないでしょうか

ジーンズ以外のズボンがなかったので購入。新生活の始まりや

今年の春~夏はジーンズ以外のカラーパンツを履きこなそう!

○カラーパンツを履きこなすコツ

男性がカラーパンツを着こなすコツをご紹介します。

今、スキニーパンツという細くタイトなパンツやジーンズが流行しています。実は、この細身のシルエットがカラーパンツにはよくマッチします。

カラーパンツにはできるだけシンプルでベーシックなトップスを合わせることを覚えておきましょう。例えば、カラフルなパンツを履く場合には、色のコントラストを引き立たせるために、黒や白、グレー系のモノトーンをもってくるのが一番簡単で失敗オない方法

派手な色のカラーパンツは、立ち振る舞いも堂々と、胸を張って歩く様な人に似合います。

堂々と自信を持って履きこなしましょう。

○実際の着こなし術

派手な赤のパンツですが、ネイビーのジャケットを合わせることによってセンス良く仕上がっています。

スカーフもいい感じです。

靴とハット、ジャケット、インナー全てにモノトーンカラーを使用することにより、キャメルのパンツが引きたっています。

ピンクのパンツですが、実にオシャレに着こなしています。

インしてくるぶしを出すとい難しいスタイルですが、全く違和感を感じることなくまとまっています。

一見喧嘩してしまいそうな色の組み合わせですが、全体的に違和感なくまとまっています。

何気ない色のパンツですが、とてもおしゃれに見えてしまいます。

モデルさんと夕日のせいかな?

とても難しそうなオレンジパンツですが、白いジャケットとの相性は鉄板です。インナーは同じ赤系で色の濃いものをチョイスするとgood!

年齢による違和感は全く感じさせません。むしろとてもカッコいいと思えてしまいます。

薄い紫のパンツは濃い色とよく合います。ダークブルーのジャケットとの相性は抜群です。

一見絶対に購入しそうにないパンツですが、グレーのジャケットとの相性は抜群です。

何となくオシャレな印象を受けます。足元のコンバースがいい味出しています。

ライトグリーンと白いポロシャツとの組み合わせは、夏にピッタリです。

一つ間違えば・・・なコーデですが、パステルカラーが流行しているということと、ポップな自転車との組み合わせがいい感じです。

キャメルとダークな色との組み合わせがGOODです。

○今年のメンズパンツの流行色は?

2014年春夏の流行色はグリーン系の色で、主にオリーブ、黄緑、エメラルド、カーキなどが該当します。

2014年春は、発色のよいヴィヴィッドな色合いを取り入れるのがトレンド。イエローやオレンジなど、春らしい鮮やかなカラーを大胆に使ったアイテムが人気です。

1 2





サクラヒラヒラさん

主に健康に関する事を丁寧にまとめていきたいと思います。
少しでも皆さんのお役に立つことが出来たら幸いです。

このまとめに参加する