1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

強烈なバックグラウンドを持つ高校生たちの言葉が心を打つ「高校生ラップ選手権」

BSスカパーの番組『BAZOOKA!!』の企画のひとつである、「高校生ラップ選手権」の第5回大会が3月28日(金)に開催されます。

更新日: 2014年03月26日

morintaroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
191 お気に入り 135961 view
お気に入り追加

「高校生ラップ選手権」がもう第5回!!

BAZOOKA!!! 第5回高校生RAP選手権
公演日: 2014年3月28日(金)
会場: 新木場Studio Coast

番組出演者:
[MC] 真木蔵人・小籔千豊 
   エリイ(Chim↑Pom)・紗羅マリー 
   レイザーラモンRG
[審査員] ZEEBRA・DABO・SIMON・鎮座DOPENESSMARIA(SIMI LAB)
[レフェリー] DARTHREIDER
[DJ] KEN-BO

遂に今週金曜日!!!BAZOOKA 第5回高校生ラップ選手権!!!生で見たい方はDon't miss it!

「高校生ラップ選手権」とは?!

「高校生RAP選手権」は、BSスカパー!にて毎月月末・月曜日22:00~23:30にオンエアされているプログラム『BAZOOKA!!!』から生まれた、高校生ラッパー日本一を決めるフリースタイルバトルのイベント。

素人の高校生同士が互いのプライドをかけて即興でラップバトル、いわゆるMCバトルを行い、優勝の座を争う

「高校生RAP選手権」は、優勝者や出場者はそれぞれ、大会参加をきっかけに注目を集め、有名ラッパーたちとの共演や各イベント出演などの機会が増加するなど、若手ラッパーのフックアップ的な役割を果たしている。

お笑い芸人の小籔千豊さんを司会に、特別審査委員長にHIP HOP界の大御所・Zeebraさんを迎え、ほかにもDABOさん、SIMONさん、鎮座DOPENESSさんにMC漢さんなど、数多くの有名ラッパーたちが審査員として参加。

ラップに興味がない人たちも「面白い!」と大ヒット

文字通り、高校生がラップで戦い優勝者を決めていくというコンテストだが、第1回大会が放映されると、面白いことに敏感な人たちが即座に反応し、たちまちYoutubeに上げられた動画が100万アクセスをヒットした。

高校生のラップに涙がじんわり。いつかどこかで、いまここで。とっても良かった。3年という時間。

高校生ラップ選手権に出るラッパーの方々はバックグラウンドが凄いなって思う。だから思いが強くなるんだろーなー。ラップ全然詳しくないですけどもね。

日本語ラップってそんなに好きじゃなかったけどイメージ変わってきたー 高校生ラップ選手権とかやばいね!

複雑なバックグラウンドを抱える高校生たち

彼は10歳の頃に自閉症という病気を宣告され、しばらく人の目から遠ざかるために引きこもった。しかし、ある日、HIP HOPという音楽に出会ったことでラップでメッセージを伝えることを選ぶ。

「第2回 高校生RAP選手権」へ出場し、見た目からは想像もつかない熱い魂が込められたフリースタイルで決勝まで進出

彼が自閉症と診断された時のことなどが語られる曲です

第二回チャンピオンのKay-onは大阪 府中央区出身の在日韓国人3世であり、小学校6年生からリリックを書き始め たという。

アフリカ系アメリカ人としてラップしていた2PACに自身の境遇を リンクし感銘を受けたという彼は、差別や偏見を無くすという夢を持ってい ると語っている。

出典prcm.jp

第1回・第4回大会優勝

第一回・第四回チャンピオンのT-Pablow(元K-九)は神奈川県川崎市出身で、いわゆる地元で有名な「札付きのワル」であ る。

僕はその争いの中心にいたので精神的にもかなりおかしくなりつつあった。ちょうどその時期に、アメリカのオハイオ州に住んでるおばさんが声をかけてくれて、1人でニューヨークへ行きました。

1 2