1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

江口洋介も休養…芸能人にも多い"椎間板ヘルニア"の症状と予防法

俳優の江口洋介さんが、椎間板ヘルニアを患い休養し、出演しているドラマ「軍師官兵衛」の撮影を休んだというニュース。芸能人が患うことも多い「椎間板ヘルニア」の症状や予防法についてまとめました。

更新日: 2014年03月27日

83 お気に入り 378298 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・俳優の江口洋介さんが、椎間板ヘルニアを患い、出演しているドラマ「軍師官兵衛」の撮影を休む

出典jisin.jp

「軍師官兵衛」では織田信長役の江口さんが、撮影を椎間板ヘルニアで休むことに

俳優の江口洋介さんが、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で織田信長を演じる

「江口さんが休んだのは3日間でした。初期の椎間板ヘルニアで、大事を取って休養したそうです」(スタッフの1人)

・芸能人で患う人も多い「椎間板ヘルニア」

三宅裕司など、芸能人でもなってしまう人の多い「椎間板ヘルニア」

女優の富田靖子が、椎間板ヘルニアと診断されたため2003年のミュージカル『ふたり』を降板

レポーターやキャスターなどで活躍するタレントの高樹千佳子が椎間板ヘルニアを患い、2009年12月に療養

三宅裕司さんが椎間板ヘルニアの手術をしたのが、2011年7月30日。手術は成功となったのですが、一旦芸能活動を休止して懸命のリハビリを行った

お笑いタレントのアントキの猪木が2014年3月18日、椎間板ヘルニアが再発したことをオフィシャルブログで明かした

・この「椎間板ヘルニア」とは?

椎間板が神経を圧迫してしまう病

椎間板ヘルニアは、ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態

※ヘルニアとは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指す

こしぼねは5つの腰椎骨と1つの仙骨、そしてそれぞれの骨の間にある椎間板というクッションからできています

この椎間板が変性して潰れ、一部分が突き出るかあるいはその位置から飛び出すなどして、神経を圧迫する疾患

・原因は?

椎間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係

20歳代になると、椎間板の変性が始まり、繊維輪の弾力性がなくなり、ところどころに亀裂が生じ始める

最新の研究では、腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つとして遺伝的要素が係わっていることを理化学研究所らの研究グループが突き止めた

・症状は?

起き上がれなくなるほどの痛みを伴うことも

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります

この痛みは激烈なものが多く、数日はほとんど満足に動けないことも多く、睡眠も妨げられるほど

さらに、痛みのほかに、しびれや脱力感、知覚障害がみられ、ものにつまずきやすくなったりします

・治療法は?

1 2