1. まとめトップ

中島健人くんのご家族がとっても素敵だと話題に!

中島さん家のひとり息子、ケンティ。
大切に大切に愛されて育ったのだなということはご本人を見ているとものすごく伝わります。

ほっこりしたり頭に「?」が浮かんだり大草原になったりする中島家エピソードを随時追加していきます。

とっても仲良しな中島家

中島家の家訓:イライラしても態度に出さない!(2012.5CanCam)

仲良しの秘訣はこんな家訓にあるのかも?

大切なものは?と聞かれると必ずと言っていいほど「家族」と答える健人くんから語られる中島家はとっても素敵なご家族です

・代官山のカフェで3人でバナナシフォンケーキ食べるという素敵な休日を過ごすパパティ・ママティ・ケンティ

・ケンティのみならずメンバー出演番組まで録画しておいてくれるパパティとママティ、そのおかげでメンバーの出演番組見られてるケンティ

・Jr.に入りたてケンティの初めて出演したコンサート(横浜アリーナ)に立見チケットを入手して駆けつけるパパティとママティ

・銀の匙初日に見てくれるパパティとママティ、感想は「お前が息子で誇りに思う」

・運転免許取得した初日は家族そろってケンティの運転でラーメンを食べにいくパパティ・ママティ・ケンティ

・2014年元旦はケンティの舞台(2020ワールド)夜公演終演を待って家族そろって某有名どころへ初詣に行くパパティ・ママティ・ケンティ

・テレビ見て感動してすぐ泣いちゃうケンティ。それを見て「泣いてる~~」ってからかうパパティとママティ VS 泣いてないフリして誤魔化すケンティ

・言うことを聞かないちびケンティを神輿担ぎで家の外に放り出すパパティとママティ

・大雪の日、積もった雪にSexy Zone って書いたり雪だるまにメガネかけたり豚丼(ぬいぐるみ)のせたりしてそれを写真に撮って遊ぶケンティ。そこにガチで雪玉を投げてきたパパティと本気の雪合戦になるパパティとケンティ。(ちなみに手袋をしていたケンティの圧勝)それを見て呆れるママティ。

・ケンティが書いた爆笑するパパティの似顔絵の出来がよすぎてリビングに飾るママティ。

・パパティママティへのお土産に「ベストペアレンツ賞」って書いてあるオスカー像のレプリカを買うケンティ

・朝が弱くてママティに毎朝叱られながら起きるケンティ、それでも起きない時の最終手段にパパティ登場。霧吹き攻撃でケンティに水をかけるパパティ。

・ドラマ「黒崎くんのいいなりになんてならない」を家族みんなで見る中島家。大盛り上がりの中、一番興奮してたのはパパティ「由宇ちゃん(小松菜奈ちゃん)かわいい!」

・ケンティ曰く、パパティママティは「人として生きていくうえで必要なものをすべて教えてくれる最強の両親」

パパティとケンティ

なんでも話せる間柄だというパパティとケンティの関係性もとっても素敵。

・パパティの母校である大学に通うケンティ

・仕事の相談は主にパパティなケンティ

・「もうダメかも…」と落ち込むケンティに「なんでそういう考えになるのかな。何ごともプラスに考えなきゃダメだよ」ってアドバイスするパパティ

・ケンティの二十歳のお祝いに高級腕時計のプレゼントをするパパティ

・ソファで寝てるケンティを見つけ、わざわざ玄関からソファの寝てるケンティに辿り着くムービーを撮って見せるパパティ

・勝利くんから二十歳のお祝いにもらったフェラーリ(ラジコン)を家で走らせてめっちゃ遊ぶケンティ(20)、脛に当たって痛がるパパティ

・「こんな運転してたら実際の車でも事故るぞ!」といって箱を2つ並べ、バック駐車の練習を(ラジコンで)させるパパティ。素直に従うケンティ

・ケンティがピアノをはじめたきっかけはパパティの「ピアノを弾ける男はカッコいい」の一言

・メンバー出演映画を一緒に映画を見に行くパパティとケンティ。映画館の顔出しパネルに顔入れてパパティに写真撮ってもらうケンティ。

・「趣味は?」と聞かれて困っていた無趣味のケンティがやっと見つけた趣味、それがオセロ。だけどパパティには勝てないケンティ。

・ケンティがもしも娘だったら「いつ(何歳)になってもぜえったい一人暮らしさせない!」パパティ

パパティのためになるお言葉

健人くんご本人から語られるお父様のエピソードからは、中島家の教育方針や健人くんの人格形成の過程がうかがえます。

・「あの頃(ピアノが)うまく弾けないって泣いてたけど、最後はちゃんと発表会に間に合った。だから、健人は諦めさえしなければ何でも最後には絶対できる!」
 →こうして何事にもめげずにあきらめないケンティに!

・「無駄に不機嫌にしてもらしくないし、おまえはそれくらいのこと耐えられるヤツだろ」
 →こうしていつでも上機嫌で陽気なケンティに!

・「目標を日々意識して、出来事をプラスに考え、周りの人とのコミュニケーションをとる。そうした積み重ねで人格が形成され現在に、そして未来につながっていきます。このポジティブシンキングは父から教えられたこと。どんなことも前向きに考えるよういつでも意識しています」
 →こうしていつもポジティブなケンティに!

・「否定からは何も生まれない」
 →こうして器がおおきく許容力のあるケンティに!

・(ピアノが上達しなくて泣きながら鍵盤を叩きつけたケンティに)「弾けないからやめるのか?」
 こう言われたことが悔しくてピアノを続けたケンティ。
 →こうして悔しさをバネにしてがんばるケンティに!

・「自分の思うままにしたいのはみんな同じ。でも、お互いがそれを押し付け合ったら終わりだろう?」
叱るときはいつも「冷静に言葉を選びながら」なパパティ。
→こうして無駄な争いを好まず、滅多に怒らないケンティに!

・中学一年のころから部屋に貼っていたパパティが書いた家訓は「叶えたい夢をイメージする」
 →こうして目先のことにとらわれず、大きな目標に向かって努力し続けるケンティに!

ママティとケンティ

・小さいころから「ジェントルマンであれ」を教え込まれたケンティ、「めんどくせー」なんていった日には「紳士じゃない!」と叱るママティ

・一緒に車に乗るときは先にドアを開けてあげないと「あんた全然レディファーストじゃないわね!」と叱るなどレディファーストには厳しいママティ

・おかげさまでママティが車に乗り降りするときはドアを開けてあげるのは「当たり前」だし、座るときはイスをひいてあげるのを「普通に」やるジェントルマンに成長したケンティ

・ケンティのためなら朝からステーキ焼いちゃうママティ

・「うちのお母さんは一番怖い」ケンティ。
なかなか起きないケンティに「遅刻するくらいなら大学なんていかなくていい」というママティ(正論)、「そんなことをいうやつはバカだな」と反論するケンティ、「バカはおまえだ」とキレるママティ、シカトして家をでるケンティ。キラキラアイドルケンティもママティの前では普通の20代の男の子(かわいい)。

・「黒崎くん」の役作りはドSのママティを参考にしたケンティ

・こういった教育が見事に実り、ケンティ23歳の母の日(2017年5月14日)には、「デートをした」とママティと映画と食事に行ったことを web連載「Ken Tea Time」で報告。どうかんがえても全人類あこがれの息子に育ったケンティ、全人類の母親の中で一番勝ち組のママティ。(ちなみに後日観た映画は『美女と野獣』だと判明)

パパティとママティ

パパティとママティもとっても仲良しのご様子。

・ケンティが贈ったクリスマスプレゼント(ふたつくっつけるとハートになるキーホルダー)をお揃いでつけてるパパティとママティ

・ママティのお誕生日には必ずママティにお手紙を贈るパパティ
 パパティの真似して母の日にママティにお手紙を書くケンティ

ラブホリDNAめっちゃ濃い中島家(っていうかパパティ)

「ラブホリ」はどうやらパパ譲り…

・BAD BOYS Jの陽二くん(岩本照くん)とのキスシーンのある回を家族みんなで見る中島家
 ちなみにそのシーンの感想が「鼻血出そうだった。鼻血5秒前だった」なパパティ

・テレビみながら「ラブじゃないねぇ!」と言い始めるパパティ。ラブにはうるさいパパティ

・二十歳になったケンティが最初に飲んだお酒は七種類のお酒をつかったオリジナルカクテルその名も「twenty kenty shining star」(パパティ命名)

・「twenty kenty shining star」というネーミングを「お父さんらしい」というケンティ

・21歳のお祝いカクテルは「Breeze forever 21(トゥエニーワン)」。キザな顔で言うパパティ、「サンキューベリーマッチ」と言って飲むケンティ、苦笑するママティ

・セバス(ペット・カメ・女性)が一人でさみしいからボーイフレンド紹介したら?(もう1匹飼ったら?)と提案するケンティ、「彼氏ができて愛し合って繁殖したら困るだろう」っていうパパティ

・テレビでケンティが甘い言葉をいってるのを見て「昔の私もそうだったなあ」とおもっているパパティ

ご両親ははやく中島健人くんみたいな息子を育てるための How to 本を出してください。

※随時更新します。

1





outletchさん