1. まとめトップ

【無料】しみ・そばかすの消し方|簡単に自力で消すたった3つの方法

シミ・そばかすに真剣に悩んでいる"あなた"へ。自宅でできるシミやソバカスが消える方法を教えます。まずは、紫外線対策ですよ。

更新日: 2014年03月28日

485 お気に入り 1416027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

e140152さん

濃いシミ、ソバカスがたった数日で自力で簡単に消えた裏技教えます。

そばかすとは

雀卵斑(じゃくらんはん、Ephelides)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。文字通りスズメの卵(卵殻)の模様に色や形が似ていることから名付けられた。
一般的にはそばかすと言う。

■症状
主に顔の目の下にみられる。直径3~5mmの細かい茶色の色素斑が散在。手背・肩にもできることがある。

そばかすの原因

シミとそばかすの違いはずばりこの3つ

一見似ているシミとそばかす。何が違うのでしょうか。そばかすは別名雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

(1)シミはメラニン色素が増えて加齢と共に目立ってきますが、そばかすは遺伝性のものが多く小さい子供にもよく見られます。

(2)シミはほほや額、眼の周りなどに左右対称に出来ますが、そばかすは目の周りや頬に出来やすく腕や肩や背中などにも見られます。

(3)そばかすはシミに比べると小さく色白の人によく見られるのもシミと違うところです。

つまりシミは紫外線や加齢など後天的な要因が多いものですが、そばかすは遺伝などの先天的な要因が多いと言うわけです。そばかすはシミとは逆で大人になれば薄くなって目立たなくなる場合がほとんどです。

紫外線対策はそばかす対策でも必須!

そばかすは紫外線を浴びると濃くなる場合があります。普段からきちんと日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日陰に入るなどしっかり紫外線から守ってあげましょう。

これが一番大切です!

紫外線はお肌に良くないです。でも私は日焼け止めにかぶれるのでいつも日傘と帽子を使っていますが、日差しが強いと下から反射します。紫外線は活性酸素が増えるのでコラーゲンやエラスチンを壊してシワやたるみになったりするんです。メラニン色素が増えてシミにもなるので要注意なのです。

ビタミン類をしっかり摂る!

体内に取り入れられると活性酸素を除去するβカロチンに変わるビタミンA、細胞の新陳代謝を促してくれるビタミンE、メラニンの定着を防ぐビタミンCなどを中心にビタミンを積極的に摂りましょう。

おすすめは、緑黄色野菜!

洗顔時にゴシゴシこする、タオルで拭き取る時にゴシゴシこするなどのお肌に刺激を与える行為はNG。刺激によってメラニン生成が促されることがあります。

紫外線対策やビタミン、お肌への刺激を与えない。これは美肌作りにも直結します。お肌のターンオーバーを正常化させてお肌の細胞の代謝をよくしてあげるとそばかすが薄くなるのも早まります。

肌荒れ対策⑤⇒システイン  新陳代謝を高めてシミやニキビ跡を出来にくくさせる働きと、シミの原因になるメラニンの生成を抑える働きがあります。 ##美容

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。

出来てしまったそばかすはすぐには消す事は難しいですが日々の地道な努力が必要です。まめにこつこつすることが美しいお肌を作ってくれますよ。美は1日にしてならずです。

1