1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「佐藤コーチにも金メダルに感動」浅田真央が世界選手権で3度目V!

SPで世界歴代1位の記録を叩き出した浅田真央選手、フリーでも他の選手を抑え見事優勝しました。日本人選手が世界フィギュア選手権を3度制するのは初めての快挙です。

更新日: 2014年06月15日

80 お気に入り 157345 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■浅田真央、SPで完璧な滑り

フィギュアスケートの世界選手権は、女子シングル前半のショートプログラムが行われ、浅田真央選手が世界最高得点をマークしてトップに

キム・ヨナ(韓国)が2010年バンクーバー五輪で出した従来の記録を0・16点更新した。

■ソチの借りを返した会心の演技

トリプルアクセルは美しい着氷でジャッジから1・86点の加点を引き出し、10・36点と得点源になった。

点数に繋げた。

続く3回転フリップ、そして後半の3回転―2回転のコンビネーションも成功させた。

ジャンプを次々と成功させノーミスの演技だった。

表現力を示す演技点では今季のグランプリ(GP)ファイナルでマークした自己ベストを0・94点更新し、コストナーに次ぐ2位だった。

ジャンプだけでなく表現力も高く評価された。

■演技後のインタビューでは?

「やったー、と思った。今まで滑ってきた中でもベスト3に入る演技。たくさんのファン、今まで支えてくれた方、自分のためにも、いい演技を、と思っていた」

「最初から集中して愛あふれるノクターンを演じようと思っていた。ホテルを出るときも(演技前の)6分間練習の時も、ソチ五輪の悔しさを巻き返そうと思っていた。」

「得点というのはあとからついてくるものなので、いつも目標にはしていないんですけど、今日はトリプルアクセルという、現時点では(現役女子では)自分しかできないジャンプを入れての最高の演技ができたから、出すことができた得点なのかなと思います。」

ナンバーワンよりオンリーワンを強調した。

「目標はSPもフリーも最高の演技をしてやり切ったと思うこと。ソチ五輪のような演技ができるように頑張りたい」

■著名人も祝福の声

良いお手本そのものの丁寧で美しい滑り。歴代一位が用意されてたなんて、ソチのSPで世界中の誰が予想したでしょう。「愛あふれるノクターンを観客に届けたかった」という真央ちゃんのセリフに、どれだけ彼女が苦しみ、這い上がり、器が大きくなったかがわかりました。すごい、ただただすごい&感謝☆

世界フィギュア女子、日本の選手みんな、とてもいい出来だったみたいね。色々あって、見れてませんが、良かった(^^)フリーもいい演技見せてくださいね

■明日(29日)いよいよ最後のフリー演技

今大会の目標を「順位は関係ない。SPとフリーの両方で、自分が満足する演技を見せたい」とソチ五輪で達成できなかった部分をあげていた。

「今半分クリアしたと思うので、あとはきょうのように何も考えずに練習してきたことを出せるようにするだけだと思います」と顔を引き締めた。

1 2 3