1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

t5f4upd9さん

不倫慰謝料の相場

不倫慰謝料の相場をめぐってはネットでもいろいろ解説がなされていますが、だいたいは50万円から300万円あたりだとおおざっぱに書かれています

、不倫慰謝料の相場をめぐってはネットでもいろいろ解説がなされていますが、だいたいは50万円から300万円あたりだとおおざっぱに書かれています

教科書や公表されているデータではわからないこともたくさんあります。

ただ、慰謝料の金額が決まるポイントというのは、ある程度ルール化できます。

慰謝料ゼロになるもの

まず、慰謝料がゼロになる可能性のあるものについてあげてみます。

①婚姻関係破綻後の交際

判例で法的責任はないとされています、最近はネットで調べてみなさん割と知っていますね。ですので、これを主張する人がけっこう多くいます。しかし、微妙なケースがほとんどで立証することは容易ではありません。あまりイージーに考えないほうがいいでしょう。

②慰謝料請求のやりかたが違法な場合

あまりに横暴な請求は、権利の乱用として、慰謝料請求が否定されることがあります。脅迫や暴力を伴うと刑事事件になりかねません。

③職場での上下関係を利用したセクハラや強姦まがいのもの

これは言うまでもないでしょう。しかし、旦那が奥さんに女のほうからアプローチしてきたなどと嘘をつき、奥さんが旦那を信じ込んでいるような場合は、奥さんが引かず裁判で争うしかないケースもあります。

④時効

時効は、基本的に加害者と不倫の事実を知ったときから3年です。不倫を知られてから3年以上たっているからもう堂々と交際してもだいじょうぶかなどと質問されることがありますが、今も不倫が継続しているなら、あらたな不法行為を日々積み重ねているわけですから、3年よりあとの交際期間については時効ではありません。(例2000年大晦日に交際がばれたので2003年大晦日に時効になると思っても、不倫が継続中なら、2004年以降の部分は時効ではありません。)

⑤配偶者から離婚時に慰謝料として多額の金銭をもらっている場合

判例では、離婚した配偶者からすでに500万円の慰謝料をもらっていることを理由に、元夫の不倫相手に対する慰謝料請求が認められなかったものがあります。

慰謝料300万円以上になるケース

個人的な感覚では8割がたは200万円以下であると思いますが、交際期間が相当長期であったり、その他の深刻な事情があったりするケースでは300万円以上という事例も散見されます。いろいろ分析してみると、300万円以上というケースはだいたい次のような要素があるように思います。

①夫婦関係が破綻し別居に至っているか離婚にいたっている。

②配偶者と不倫相手が同棲を始めている

300万円以上は、夫婦関係が修復されたケースではまず該当しないでしょう。よく見られるのが、妻(夫)を残して別居し、夫(妻)が不倫相手と同棲状態になっているケースです。こういう場合は離婚に至ってなくても婚姻関係を破綻させた重い責任があると判断されます。

③不倫が婚姻関係破綻の直接的な原因となっている

ほかに別居や離婚の原因になるものがないということです。たとえば、夫が不倫をする前に妻も不倫をしていたとか、あるいは、妻が不倫をしたのは夫の暴力で家庭がすでに崩壊していたなどの事情がある場合は、不倫が夫婦関係破綻の直接の原因とは言えません。

④不倫相手のほうが主導的、積極的

⑤交際期間が長期にわたる

少なくとも2〜3年以上?

⑥支払う側が、地位、収入が高い場合

失うものが大きく支払い能力が高い人は、示談で高い慰謝料を払う傾向があります。

また、非常に少ないですが、500万円という相当高額な判例もあります。これらの判例では、次のような特殊な事情が見られます。

⑦妻が不倫相手と駆け落ちし夫が幼少の子3人とともに残された。

残された側の損害が大きいと判断されたのでしょう

⑧被告が原告の妻と不倫同棲したうえ、原告の勤務先に原告を中傷 する手紙を送りつけた。

おそらく裁判官の心証は最悪だったでしょう。しかしながら、相手が憎いばかりに冷静さを失って、⑧のようなことをついやってしまうこともあるでしょうから、友人からの忠告やアドバイスはとても貴重です。

数十万円(10万円〜80万円)

今度は、少額の慰謝料になるケースを見ていきます。

1 2