かつては日本でも貴重なタンパク源のひとつとして食べられていたヘビ。しかし、明治以降、肉食文化が発達し、ヘビを食べずとも動物性タンパク質が摂取できるようになったこともあり、徐々に日本ではヘビを食すという文化がなくなっていった。

出典第1回 鶏肉に近い味!? ヘビを喰らう!![後編] | web R25

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ジャパンスネークセンターで、蛇料理食べてきたヘビ。

シマヘビの葱塩炒めと、マムシの踊り食い、そしてハブ酒をいただきました。群馬県太田市藪塚にあるジャパンスネークセンター。蛇の研究、蛇毒の血清作成等を行う研究所ですが、こちらではでは園内の居酒屋さんで蛇料理が食べれます。美味しいかったっす!

このまとめを見る