1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

st7さん

言語交換とは?

言語交換とは、別名ランゲージエクスチェンジともいい、外国人に自分の母国語を教えてあげるかわりに、無料で外国語を教えてもらう学習方法です。(たとえば、日本語を教えてあげる代わりに英語を教えてもらう、など。)

ランゲージエクスチェンジ経験者の私が、具体的な手順についてまとめてみました。

言語交換のスタイルは2種類

言語交換には主に2種類のスタイルがあります。

1、直接会って話す

最も一般的なスタイルです。私もこのやり方でした。

メリットとしては、相手と生で会って話すことができるので、実践的な会話力が身につくことです。デメリットとしては、相手が信用できるかどうか心配であることです。(中には、出会い目的で言語交換を利用する外国人男性もいますので。)

2、オンラインで話す

スカイプなどを通じて言語交換するスタイルです。

メリットとしては、いきなり会う必要がないので安心できること。デメリットとしては、相手が海外在住の場合は時差があるのでなかなか時間帯があわないことです。

パートナーを見つける

パートナーを見つけるには、外国人の知り合いに頼む、外国人パーティーに参加して探す、などがありますが、やはりネットを利用するのが一番効率的でしょう。

以下、おすすめサイトをまとめました。

言語交換をする時のコツ

いよいよ直接会って言語交換をします。会う場所はカフェがいいでしょう。

時間は2時間くらい。英語を話すのが1時間:日本語を話すのが1時間という風に分けると効率いいです。

1、英語を学ぶ時のコツ

英会話する時は、とにかく下手でもいいのでしゃべることです。

日本人が英語が苦手な原因の1つには、シャイで失敗を恐れる性格にあります。たとえめちゃくちゃな英語でも、無言になるよりマシです。

英単語が出てこない時は、質問をすることです。たとえば「(恋人と)付き合う」って何ていうの?とか直接聞いてみるのです。そしたら相手は「それはgo outっていうんだよ」とか親切に教えてくれますし、逆に「日本語では何て言うの?」と質問を返されたりします。

2、日本語を教えるコツ

言語交換では、一方的に教わるのではなく、相手にも日本語を教える必要があります。

ただ、ほとんどの外国人は日本語が流暢にできないので、実際には英語を交えての会話になるでしょう。

教えるコツとしては、とにかく相手に気持ち良くしゃべらせることです。決して細かい間違いを指摘せず、相槌を打ち、時には褒めます。

そうすれば、相手はなるべく日本語を話すように努力してくれますので。

スカイプで言語交換するメリット・デメリット

メリット→聞き取れないところをチャットでカバーできる。
デメリット→時差のせいで、なかなかタイミングが合わない

海外の外国人とスカイプで言語交換する場合、最大の障壁が”時差”です。

1