1. まとめトップ

注目される個人事業主2.0とは?クラウドを使いこなして生産性が高い

クラウドを使いこなした個人事業主というのが増加傾向にあるそうです。生産性を高めて、個人でも多くの作業を行っていく事で収入を増やしていくというスタイルのようです。

更新日: 2014年03月29日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 10125 view
お気に入り追加

個人事業主2.0が日本に72万人

個人事業主2.0は既に日本に72万人ほど存在しており、働きがいを持って仕事に取り組んでいて、今後更に増加するポテンシャルがある存在です。

、Webやクラウドを使いこなす個人事業主2.0の平均年商は1554万円で、個人事業主1.0の1178万円と比較して売上が高く、増収傾向も強いという。

個人事業主2.0の特徴としては、取引先が多くて、人間関係も多岐にわたると言う特徴があります。

クラウド化が遅れている日本

アメリカに比べると日本は中小企業のクラウドシフトが進んでいないが、逆に言えば、今後個人事業主が2.0化して生産性や幸福度を向上させる余地がある。

アメリカ並みのクラウドシフト(日本の中小企業のクラウド浸透率17%に対して同54%)を前提とすると、個人事業主の売上が合計5.9兆円(年間)増大すると考えられる

日本におけるクラウドソーシング

ランサーズ(Lancers)は、ランサーズ株式会社が運営する、個人間や個人法人間で仕事を取引する仕組みを提供するクラウドソーシングサービス。ロゴマークやホームページの作成依頼などが多い。

クラウドワークス(Crowdworks)は、株式会社クラウドワークスが運営するエンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサイト。2011年に会社が設立され、2012年3月にクローズドβ版のサービスを開始した。

個人によるクラウドの活用

クラウドでメールを活用する事は、どこからでもメールにアクセスできるという点が非常に有効です。

オンラインアルバムのPicasa ウェブアルバムであったり、はてなフォトライフなどを活用すれば、たくさんの写真をオンラインに保存しておく事ができて便利です。

オンラインアルバムは、「はてなフォトライフ」やグーグルの「Picasa ウェブ アルバム」、そして草分け的存在である米Yahoo!の「Flickr」など、非常に多くのサービスがある。

データをサーバー上に置くと、どのパソコンでも同じ環境を実現できると同時に、バックアップの役割も果たしてくれる。実際、筆者は最近メインで使っていたノートパソコンが壊れてしまったが、ほとんどダメージを受けることなく別のパソコンで仕事を続けることができた。

オンラインに文章を公開

NAVERまとめは、インターネット上で情報をまとめる事で、多くの人に見て貰う事ができるようになっています。また、多くの人に見て貰う事で報酬を得る事も可能です。

FC2まとめは、NAVERまとめの後にできたまとめサービスです。FC2が運営していて、NAVERまとめのように収益を稼ぐ事ができます。

「スモール」の台頭は、AmazonやGoogleに代表される「ビガー」な組織の急速な台頭と符節を合わせている。これらの「ビガー」な組織は、多種多様な「スモール」たちの活動のための、便利なプラットフォームを提供している。

勝ち抜いた「ビガー」の雇用吸収力は極めて限定されたものに違いなく、「スモール」の活動は金銭的な収益の面では限定されたものにとどまるとすれば、多くの人は失業してしまうか、低所得状態に甘んじる

1





misukiruさん