1. まとめトップ

▼ ソフトバンクポイントがTポイントに切り替えへ

① 7月から切り替え

7月よりソフトバンク携帯電話のご利用料金に応じて貯まる「ソフトバンクポイント」が「Tポイント」に替わります

② 1,000円10ptが1,000円5ptに(利用時は1pt1円)

1,000円(税抜)につき「Tポイント」を5ポイント付与

今回のプレスリリース、Tポイントの説明より

③ 新規ユーザーはTポイントのみ付与、既存ユーザーは「?」

4月以降に契約する新規ユーザーにソフトバンクポイントは付与されない。

新規ユーザーに対してはソフトバンクポイントが付与されず、Tポイントのみが付与されると記載があります。

一方で既存ユーザーについては明記されておらず、Tポイントの利用を拒否できるのか?ソフトバンクポイントの利用を継続できるのか?はわかりません。

ただ、『2014年7月よりソフトバンク携帯電話のご利用料金に応じて貯まる「ソフトバンクポイント」が「Tポイント」に替わります』との記載を文面通り受け取れば、既存ユーザーもTポイントを利用することになりそうです。

▼ 『現在ご案内できる内容としては、HPに記載した情報のみ』

@kiria26 SBCare古川です。恐れ入りますが、現在ご案内できる内容としては、HPに記載した情報のみとなります。情報が更新されましたらHP等でお知らせいたします。お手数ですが、その際はご確認をお願いいたします。

ソフトバンクのTwitterアカウントへは本件に関する質問が寄せられていましたが、これ以上の情報はお知らせできないという回答がされていました。

▼ まだ詳細は不明ですが、Tポイント化を危惧する声も

@SBCare 御社からTポイントジャパンへ私の個人情報や利用状況が提供されるのであれば拒否したいのですが、どのような手続きを取れば良いですか?

Tポイントからできるだけ離れてここまで来たのに。携帯のポイントが強制的にTポイントで付与されるって逃れようが無いじゃないか。

もうポイント付かなくてもいいから御社の通信サービスだけ受けられる道を残しておいてください... @SBCare

ヤバい、ソフトバンクモバイルのポイントTポイント化ヤバい。何がやばいってかっていうと、Tポイント化によってソフトバンクモバイル以外の事業者へ携帯電話の利用状況が漏れるってこと。

ソフトバンクモバイルの既存利用者は新たにTポイントの口座を強制開設させられるか、もしくは勝手にCCCのデータベースと照合させられて手持ちのTポイント口座に勝手に関連付けられるのん?

ソフトバンクポイント->Tポイント強制の件は、通話者情報や通話記録がCCCに吸われるだけではなく、その逆、既存加盟他企業の情報がソフトバンクに共同利用(笑)される方も恐ろしいと思うのですよ。

ドコモもauも追随したら、ほとんどの日本人のパーソナルデータをCCCが収集する事になるな。 キャリア移行の動機としてTポイントがある程度数字上がるようになれは追随する可能性は高いだろうし、ソフトバンク使ってなくて良かったとは楽観視出来ない状況だなあ。

▼ こういった声の背景にはTポイントにまつわる問題が

Tポイントは購入した商品名を会員の年齢や性別、購入日時とともに収集している。これが携帯電話に拡大されたとき、どんな情報が収集されるか注視が必要/ソフトバンク携帯使うと「Tポイント」が貯まる 利用料金支払いにもOK huff.to/1hhc0q1

7月開始だそうなので、まずは様子を見てみましょう。 RT @nomuyoji: 質問なのですが、以前にTポイント関連の記事を書かれた記者さんから見て、具体的にどんな情報が収集対象になりえると思われますか?

以前ドラッグストアがTポイントを採用するという報道があった際に、個人情報の「共同利用」が問題視されました。

Tカードは個人情報保護法違反に該当するのか?──津田大介の「メディアの現場」vol.44より
http://ch.nicovideo.jp/tsuda/blomaga/ar6354
『今回のTカード型の企業ポイントを通じた連携サービスには、いくつか個人情報保護法上の問題を指摘し得るのですが、中でも、解釈上違法ではないかと指摘しているのは「共同利用」という方式を採用してCCCからポイント加盟企業へ個人データを引き渡すことができること、Tカードで取得した個人情報データベースを多数のポイント加盟企業にアクセス権を付与し、みんなで共有して共同利用目的の範囲内でそれらの個人データを取り扱えてしまうことです。実際やっているかどうか、どこまでどのようにやっているかについては調査が必要なところですが、T会員規約(約款)上は、そうした権利をCCCが留保していて、いつでも行使できる状態になっていることを問題視しています。』

当社は、以下に掲げる共同利用者と、本条第3項記載の各利用目的により本条第2項記載の個人情報を共同して利用いたします。

当社の連結対象会社および持分法適用会社
ポイントプログラム参加企業

現在のT会員規約でも共同利用者として「ポイントプログラム参加企業」が記載されています。

2)ポイントプログラム参加企業におけるご利用の履歴(お買い上げになった商品名またはご利用されたサービスの名称、金額、お買い上げまたはご利用された日時、場所も含まれます)

取り扱う個人情報の項目には、「ポイントプログラム参加企業におけるご利用の履歴」が記載されています。

Tポイントの問題について詳しくは高木浩光先生の記事をご覧ください。

▼ Tポイントを避けてきたSBユーザーの皆さんが望むのは…

個人情報をどう取り扱うか明確にして欲しい

1 2





焼酎片手にまとめております。