あて布ではなく糸で塞ぐ理由としてはデニムの立体感を失わないため、 当て布を使ってしまったときの生地のあたりを出させないため、 薄く仕上げるため、 本来のデニムの織りに近づけるためです。

出典デニムのお直し リペア。作業工程もご紹介。 | keisuke nakano(中野恵介)official site

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

破れたデニム・ジーンズを自分で補修するコツのまとめ

デニムのジーパン・ズボン・パンツ・ジャケットにできた穴あきや破れを手縫い・ミシンで簡単にリペアする方法をまとめました。上手に修理する秘訣と裏技についての詳しい説明や初心者にも分かりやすい手順の解説動画などを選んでいます。

このまとめを見る