1. まとめトップ

【椅子】デスクチェアには拘れ!!激選オススメPCチェア!!

近年では、会社でのデスクワーク、自宅でのPC作業、またはネットサーフィンと、パソコンはなくてはならない物となってきました。今回は見落としがちなPC作業のお共、PCチェアをご紹介!

更新日: 2014年04月04日

18 お気に入り 34109 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実は危ない!?椅子の間違った知識!!

イスに座ったデスクワーク、一見楽な姿勢のようにも思えますが、実は背筋を伸ばしている時に比べて2倍の負荷がかかっています。当然腰への負担が大きいですので、筋肉も疲れやすく、疲れが溜まって取れにくい状態です。

姿勢が悪いと血流が悪くなり腰痛がひどくなります。よく座ると足を組む癖がある方が多いのですが、足を組むというのは悪くなった血流を無意識に良くしようとして起こる行為なのです。

おすすめの椅子!自分に合った椅子を選ぼう!

1994年に登場したアーロンチェア。クッションを全て廃し、「ペリクル」と呼ばれるオリジナルのメッシュ素材が座面と背もたれに採用されています

アーロンチェアには腰部をサポートする機能として、「ランバーサポート」を装備したタイプと「ポスチャーフィット」を装備したタイプの2種類があります。「ランバーサポート」「ポスチャーフィット」のどちらも、ベースとなるチェア本体は全く同じものが使用されます。

一般的な椅子に見られるような、布と綿を用いたクッションは用いられていない。その代わりに、ペリクルと呼ばれる網目状で柔軟性のあるメッシュが座席部分と背もたれに使用されている。このため通気性が非常によく、長時間にわたって作業をしていても蒸れたりすることがない。

アーロンを超えた? ハーマンの新作チェアは「あなたの動きを妨げない」

表面の素材には、アーロンチェアなどに採用されているメッシュではなく、通気性の高いファブリック素材が使われている。

背もたれの傾きを背骨のS字カーブに合わせて調節できる「バックフィット調節」機能と、回転軸が座面と背もたれの2個所にあるリクライニング機構「エンボディチルト」で、肩甲骨付近と骨盤を支える。「

機能性を保ちながら、シンプルな構造を追及したウィルクハーンのスタンダードチェア。座った人にシンクロして座面を調節する機能が盛り込まれているため、用途が制限されることなく、あらゆる姿勢に対応しています。

直線的なシンプルデザインで、ヘッドレストやリクライニングロックなど、従来のワークチェアにはない機能までもカバーしており、モダスチェアに比べて、用途の自由度が高く、仕事以外にリラックス用にも使える高機能チェアです。

あらゆるオフィスシーンに美しく映えるシンプル&シャープなデザイン。そして、ビジネス空間を彩る12色のメッシュクロスカラー。イタリア・ジウジアーロデザインとオカムラのコラボレーションから生まれました。

「Baron」シリーズの座り心地を高めるもう一つの特長、それは快適なリクライニング性です。くるぶしを支点にした独自のリクライニング機構は、PC操作に伴うワーカーの後傾の動きにも自然に追随します。操作性の点でも格別の使いやすさに配慮しています。

バランスボールは、1つの運動で、いろいろな箇所の筋肉を使い鍛えることができる。このことでにより、有酸素運動の効果も高くなり、さらに、ゆがみが矯正され、血液循もよくなるので、疲労物質が除去されやすくなり、疲れにくくなるので、より活動的に行動できるようになる。

椅子を選ぶときは実際に座ろう!!

試座は必須。あと、試座するときはきちんと調整したうえで座ってみるべし。近くに机があるならば、机で実際に作業する姿勢をとってみるとなお良いかと思います。

自分に合わない椅子に座って長時間作業し、将来的に腰痛持ちになるぐらいなら、少しお金かけて自分に合った自分だけの椅子を探してみてはいかがでしょうか!

1