1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

2千トンのナガスクジラの肉を日本に輸出することを計画し、早ければ5月初めにも肉を積んだ輸送船が日本到着の見通しであることが分かった。環境保護団体関係者が22日、明らかにした。

 ナガスクジラは絶滅の恐れがあるとしてワシントン条約で国際取引が禁止されているが、例外的に認められているアイスランドから日本への輸出が近年急増。条約の実効性が損なわれるのを懸念した米大統領が4月、アイスランドに捕鯨や輸出の中止を働き掛けるよう政府機関に指示するなど批判が強まっており、日本側の対応も注目を浴びそうだ。

日本にも落ち度があります。食文化を守るための取り組みをおろそかにしてきた結果、鯨肉の需要は急速に落ち込んできたからです。日本人の多くも「悪意ある」国際世論のムードに流され、鯨食文化を自ら萎ませてしまいました。今では鯨肉になじみのない若者が大勢います。

 仮に国際取り決めを無視して商業捕鯨を再開しても、現状では需要が少ないため採算が合いません。「鯨なんか捕らなくても、おいしい肉があるんだからいいじゃないか」という意見も増えています。国内世論が後押ししなければ、国際社会を説得するなどもってのほかです。

国際捕鯨委員会(IWC、加盟89カ国)は1982年、商業捕鯨の一時禁止を決めた。日本は85年に禁止を受け入れたが、代わりに87年から、クジラ資源の状況を調べるという名目で調査捕鯨を始めた。国際捕鯨取締条約が、第8条で「科学的研究のための捕獲・殺害・処理」を例外的に認めているからだ。

 現在、調査捕鯨を実施している国は日本だけで、毎年、南極海で3鯨種を計1035頭、北西太平洋で4鯨種を計380頭、合わせて最大1415頭を毎年捕獲する計画を立て、船団を派遣している。反捕鯨団体シー・シェパードによる妨害行為や、鯨肉の在庫過多という事情もあり、実際の捕獲頭数は計画を下回るが、この計画数は日本の最後の商業捕鯨の実績1941頭の7割強にものぼる。

マグロの漁獲規制だと!
日本は絶対に妥協はしないでもらいたい!

前は鯨だったでしょう・・
大好きな鯨のだっのに・・漁獲規制でず~と食べて無い・・

思えば子供時代は、肉といえばクジラでしたよ。
田舎だから? 他に肉といえば猟師が分けてくれる山鳩か、飼っていた鶏を親父がさばくていど。

食べなれたおふくろの味・・大好物。
弁当のおかずは塩鯨、ベーコン、酢醤油かけて食べる花鯨、クジラの大和煮、刺身、滝田揚げ・・などなど・・

反対する国の人たちは牛は主食みたいに食べいるんでしょう?? 
うしは食べての良い・・何で?
鯨はダメだなんて?・・そんな!! 
マグロ、くじらは牛肉よりヘルシーなのだが

くじらちゃん可愛い!!?

あんたらの言い分は・・鯨は知的?・・かわいい?  いかげんにしろよ!差別だよ?

4月2日 AFP】ノルウェーは1日、領海内での今年のクジラの捕獲枠を昨年までと同じ1286頭に設定したと発表した。ただし、同国ではここ数年、設定数を下回る捕獲数が続いている。

 エリザベト・アスパケル(Elisabeth Aspaker)漁業・沿岸問題相は声明で、「われわれは今年も、捕鯨産業を良好な状態に維持し、その持続性を保証する捕獲頭数枠を決定した」と発表した。漁期は4月1日から9月30日まで。

 現在、世界で商業捕鯨を行っているのはノルウェーとアイスランドだけ。両国は、捕獲している鯨種は十分な生息数があり、絶滅の危機には瀕していないと主張している。

 ノルウェーは1986年から実施されている商業捕鯨モラトリアム(一時停止)に異議を申し立て、自国にはこの規定が適用されないとの立場を取っている。

1