1. まとめトップ

池松壮亮出演傑作映画7+1選【キネマ旬報ベストテン助演男優賞受賞!】

池松壮亮さんが出演している映画から傑作を7+1選で紹介しております。

更新日: 2015年01月08日

14 お気に入り 38208 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2014年キネマ旬報ベストテンにて助演男優賞受賞!

助演男優賞    池松壮亮 「ぼくたちの家族」「海を感じる時」「紙の月」ほか

【2014年 第88回日本映画ベスト・テン】
1位 そこのみにて光輝く
2位 0.5ミリ
3位 紙の月
4位 野のなななのか
5位 ぼくたちの家族
6位 小さいおうち
7位 私の男
8位 百円の恋
9位 水の声を聞く
10位 ニシノユキヒコの恋と冒険
10位 蜩ノ記
(次点:「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」)
*10位は2作品同点です。

「紙の月」「ぼくたちの家族」に出演

話題作「紙の月」出演

『愛の渦』『大人ドロップ』『ぼくたちの家族』など数々の映画出演作が公開予定であり、2014年ブレイク間違いなしとも呼ばれている池松壮亮。11月15日から公開される映画『紙の月』では年上キラーのエロ可愛い男子を熱演し、話題を呼んでいる。

昨年、吉田監督が演出を手がけ、池松が出演した舞台「ぬるい毒」で、両者に強い信頼関係が生まれ「りえさんに差し出すなら、池松しかいない」という理由で、起用が決まったという。

7選■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

監督:長澤雅彦
出演:多部未華子、池松壮亮
恩田陸の同名青春小説を映画化。24時間を徹して80kmを歩く伝統行事「歩行祭」。ある秘密を抱えた貴子は、高校生活最後となるこのイベントで、一度も喋ったことがない同級生の融に話し掛けようとしていた。“スマイルBEST”。

撮影は2005年だから池松くんは中学3年生くらいか?
幼い、無邪気で素直で自由奔放な、裏を返せばちょいと無神経な、
そんな感じが良く出ているけど、もう少しいろんな演出があれば
実力がもっと存分に出せたのでは・・・という気がしないでもない。
それはどのキャストにも思ったんだけど。

「夜のピクニック」の池松壮亮くんは、幼い・・・。
 2006年7月に公開された映画「」では、高校生を演じていましたが、この「夜のピクニック」では、どう見ても中学生です。撮影時期を確認してみると、「夜のピクニック」は去年の8月、「UDON」は今年の4月に撮影されたようです。
 この時期の少年は僅かな期間で、随分と成長するもののようです。石田卓也くんは今年の春に撮影された映画「ラフ」の時と、あまり変わらないのに・・・。

恩田陸の原作を読んだのはずいぶん前のような気がするけれど、映画も最近じゃないんだなあとしみじみ思ったのは、多部未華子が高校生役をやっているから、では全然なくて(今、演っても違和感ないかも)、そんなにテレビを見る方ではない私もこのところちょくちょく顔を見る池松壮亮クン(週一ぐらいのペースで見ていたあの「梅ちゃん先生」でもいたいけな青年役で出てた)が、この映画ではアメリカに転校してしまった未華子ちゃんの友達、の弟役を演っているから。
ちょっと生意気な子犬みたいな顔の中坊。
池松壮亮の成長の過程の一端を見せてもらってる思いがします。

夜のピクニックで知った池松壮亮が最近好きすぎる。かわいくてまぶしかった子が思った以上に味のある青年に(特に声)。映画「横路世之介」も、ときに世之介以上にいいと思うシーンがいろいろあったな。引越のシーンは泣けたな。

テアトル新宿の売店に『夜のピクニック』のパンフレットが普通に置いてあって、何でだ?懐かしいなぁ、と思ったのだけど、よく調べたら池松壮亮が出てたんだ。 多部未華子と石田卓也、郭智博や貫地谷しほりの印象が強くて気がつかなかった…。

池松壮亮くん、ほんとすてき!夜のピクニックもダイブもとんびも!どれもすごい好きやねん!好きな作品に出てるのもそうやし、クリープハイプ好きなところも好き!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

監督:熊澤尚人
出演:池松壮亮、林遺都
『バッテリー』のスタッフと若手実力派俳優の共演で描いた青春ドラマ。飛び込みに魅せられた平凡な中学生・知季と孤高のエリートダイバー・要一、そして津軽出身の飛沫が所属ダイビングクラブの存続を賭けてオリンピック出場を目指す。

つい、この間まで、本当に普通の男の子だった林遣都くんと、子役時代から役者経験が長い池松壮亮くんの演技がなかなか良かった。特に池松くんは「夜の」とか「UDON うどん」、「蒼き狼 地果て海尽きるまで」とか、歳を重ねる毎に良くなってきたという感じです。まだ若いのに既にベテランらしい渋みがあるというところでしょうか。

池松壮亮かっこよかった!!!

それを言いたいだけです…w映画としてはうーんだったけど池松さんかっこよかった。『横道世之介』観た時にいい俳優さんだなーと思ってその時初めて名前を知りました。クリープハイプ関連でいろいろやってたりして気になってはいたんですが、独特の空気があって素敵ですね。気になるので出演作いろいろ見てみたいと思う。

今日はこれが言いたかっただけですすいません。

要一役の池松壮亮クンは、さらに童顔って感じです。
彼も18歳ですが、声が高くて、ほ~んとにかわいいお顔♪
でもね、カラダつきは顔とは似つかず男らしい広い胸幅が良いです。

DIVE終了。あの声と、自信に満ちた顔、飛ぶ前の精神統一した顔、知季の成長を見守る優しい顔、自分の枠に悩み仲間の成長に焦った顔、熱に苦しむ顔~(>ω<)/あと黄色の海水パンツ(笑)池松壮亮君、存在をもっと早く知りたかった~勿体ないことした!!

DIVE見たんだけど、池松壮亮がかっこいい! んでいまから 風が強く吹いている みるってゆーね! どんだけ逆転してんのw

こなみんちでDIVE!!みてから池松壮亮にはまってしまった。やばい。がちで付き合いてえw細マッチョ万歳ww pic.twitter.com/mvwsYBmH

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

監督:大岡俊彦
出演:池松壮亮、蒼井優
不思議な生物“いけちゃん”と“ぼく”の交流を描いた、人気漫画家・西原理恵子の絵本を実写映画化。物心ついたときからずっとぼくのそばにいたいけちゃん。しかし、ぼくが成長するにつれていけちゃんの姿はだんだん見えなくなっていく。

で、池松壮亮の登場は、、、      ike006
18歳になって東京の大学へ進学し、一人暮らしを始めた、というところ。
もう、ラスト1~2分のことです・・・㤭Ф
すっかり男らしくなったヨシオ。先ほどアップした蒼き狼~の幼い少年の面影、
さすがに無いですね~~・・・上京してきたスポーツ少年、って感じ。

1 2 3 4