1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■夫婦のお財布、みんなどうしてる?

今のアラサーアラフォー辺りの夫婦って旦那が家計握ってるのが多い?

やっぱり夫婦の財布は一緒の方がお金貯まるのかなぁ。別に二人ともひどい浪費をしてるわけではないけど、自由にお金が使える分、多少財布の紐がゆるい感じはある。

カップル御来店なさったお客様で女性の方がお支払いされるときにぼくが思うこと 歳の離れた2人→姉弟かな…微笑ましい… 夫婦らしき2人→財布の紐を奥さんが握ってるんだろうな…微笑ましい… 老夫婦→この歳になっても一緒に映画なんて微笑ましい… DQNカップル→ヒモは死ねば良いのに

■家庭によって家計管理はいろいろ

昔は妻が財布を握り、旦那にお小遣いを渡すパターンが一般的でしたが、最近は昔とは違って家計管理のルールも様々

お財布を一緒にするところもあれば、全く別にしている夫婦もいたり、生活費だけを共同の財布から出してあとは別…などなど、夫婦によってお財布事情は違います

お金の管理は得意不得意や、夫婦の距離感によってベストな分担方法が変わってきます

夫にお小遣いを渡す

夫に浪費癖があり、妻はお金の管理が得意なカップルにおすすめです

女性が家計を握ることができれば、夫の給料の金額を知ることはもちろん、夫が何にお金を使っているのかも細かく管理することができます

妻が生活費をもらう

メリットは生活費が一定額以下におさまること

妻はやりくりをして渡されたお金の範囲で生活することになります。

収入のすべてを使い切ることがないので、計画的な貯蓄をしたいと考えている夫婦にはお薦めの方法であると言えます

項目別に支払いを分担する

生活費の支出項目別に、夫と妻のどちらが負担するかを予め決めて、家計管理をする方法

例えば、夫が家賃、駐車場代、公共料金などの毎月の固定費(主に銀行引き落とし)を支払い、妻が食費や交際費、ふたりのお小遣いなど、流動費を支払うという方法です。

毎月の負担分さえ出せば、残りは自分個人のお金ですから、自分の銀行口座の残高だけ把握していて、きちんと毎月払っておけばいいわけです

全体の予算管理がしにくいため、家計が膨らみ易くなり貯金も増えにくいのが難点

■最初のルール作りが肝心です

日々のやりくりや将来に向けた貯金など、結婚生活において「家計管理」は欠かせないもの

お金をどう管理するか、ルールをしっかり決めておいた方がいい

1 2