1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

masumasu50さん

廃車で検索すると、「廃車買い取ります!」って広告がめっちゃ多く出てくるんだけど!これってそれだけ業者が乱立して儲かってるってことでしょ?

たまに駐車場にこんな車が放置されてるけど、こんなの買い取ってどうするんだろ?バラしてパーツ売れるほど新しくないしw 鉄くずにして売るのか?

廃車買取を行っている業者は2つに分類されます。

廃車はお金になりますので、買取を行っている業者は様々ですが、大きく分けて、 解体免許をもっているかどうかで、2つに分類されます。 廃車の最終解体・リサイクル処分は正規の国認定解体業の免許とリサイクル工場を持っている業者しかできないので、 それ以外の業者が買い取った廃車は、最終的にリサイクル業者に持ち込まなければならないようで、ディーラーやネット買取業者あるいは、比較サイトでの紹介者などは、そこで中間マージンを取る仕組みになってますね。

良い廃車買取り業者の見分け方

自社のリサイクル工場をもっている買取り業者であること
リサイクル工場は、自動車リサイクル法に基づき、国に認可されている工場であること
車から取り外した部品を、国内販売だけでなく、海外にも輸出している業者
車の部品の中には、高値で売れる物がたくさんあります。
車のリサイクル処理を、きちんとホームページで説明してある会社
事故車や解体車も有料で引きとってくれる会社
スクラップ同然の車でも、金属部分を的確にリサイクルすることにより、価値を生み出せる会社が良い。 今や、金属は貴重品な資源なのです。

【こんな廃車買取業者は危ない!】廃車買取り業者の見分け方

「自動車税」「重量税」「自賠責保険」の還付手続き等を教えてくれない引取り業者。
国認可のリサイクル工場を持っていない業者
車の解体には、リサイクル法に基づいた認可を取得した解体専門工場が必要です。修理工場と解体工場を兼用すると法律違反になります。
廃車として直接取り扱わない業者
これは間違いなく損します。手数料をとられる上、車そのもののに価値をつけてくれません。 中には、税金の還付金を返してくれない業者もいるので要注意。
ホームページ内での「運営会社」「会社概要」欄などを必ず確認しましょう。 自動車リサイクル法による許認可や解体業認可を取得している会社かどうかがチェックポイントになります。

テレビCMやってる会社もある!東京じゃ見たことないけどw

テレビCMやる会社もあるということはやっぱり市場規模が結構あって儲かるビジネスだということ!

海外の需要とマッチングさせて売り飛ばすこともあるみたい。

新車は1年で半額、10年で価値ゼロだけど海外では価値がある!

1