エマニュエル・スエデンボルグは、1706年にルンドで秘伝を受け、スウェーデンで当時行われていた神殿派(Templars)の高位階に進んだ。 1718年、バルツェル・ウェドマル大佐は、ストックホルム・ロッジでの講演で、スウェデンボルグはメーソンであり、ルンドのロッジで彼の署名を見たと語っている。この証言は、国王グスタフ3世によっても確認されている。

出典スウェーデンボルグとイルミナティその2【20090625】 » 虚空と君のあいだに

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本当は怖いスウェーデンボルグ 【スヴェーデンボリ】

ジョナサン・ブラックは、英国の時計商ジョン・ポール・ブロックマーが目撃した話として、1744年7月、ロンドンで、普段は物静かで立派な人に見えるスヴェーデンボリが、髪を逆立て口から泡を吹き、わけのわからないことを言いながらメシアを自称している光景を紹介している

このまとめを見る