1. スウェーデンボルグの「霊界の太陽」 より
http://homepage2.nifty.com/nihonshingaku/page019.html

”「スウェデンボリは、性的タントラを詳細に研究した。性的興奮を引き延ばすのには、心理的修行が必要である。次に、この引き延ばされた性的興奮を用いて、性的エネルギーを脳に向け、それ によって霊的世界に到達する。それは狭隘な性的法悦ではなく、幻視的法悦である。……
    明らかに、これらの技法は危険である―秘密にされた理由の一つがそれだ。スウェデンボリの大家が目撃した神経衰弱もそうであるし、また発狂や死の危険もある」

大家のブロックマーの話から判るように、スウェーデンボルグが精神に異常を来していたことは明らかで す。その上での幻視ですから、霊界情報にも疑問符が付きます。”

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本当は怖いスウェーデンボルグ 【スヴェーデンボリ】

ジョナサン・ブラックは、英国の時計商ジョン・ポール・ブロックマーが目撃した話として、1744年7月、ロンドンで、普段は物静かで立派な人に見えるスヴェーデンボリが、髪を逆立て口から泡を吹き、わけのわからないことを言いながらメシアを自称している光景を紹介している

このまとめを見る