FIFProはオランダ、スコットランド、アイルランド、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの6協会からの協力を受け、300名の選手、および元選手を調査した。

出典FIFPro、現役選手の26%に精神疾患が認められると発表

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

現役サッカー選手の3分の1が精神疾患、深刻な問題に直面している欧州サッカー

精神科疾患の原因は、未だ十分に解明されていません。

このまとめを見る