元プロサッカー選手
・39%が抑うつ症状や不安障害に悩まされている
・42%が摂食障害を報告した
・32%がアルコール依存を報告した
・5%が自尊心が低下していると報告した
・12%は喫煙の習慣があると報告した
・15%が燃え尽き症候群の兆候を報告し、18%が何らかの苦悩を抱えている

出典FIFPro、現役選手の26%に精神疾患が認められると発表

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

現役サッカー選手の3分の1が精神疾患、深刻な問題に直面している欧州サッカー

精神科疾患の原因は、未だ十分に解明されていません。

このまとめを見る