出典 StrongZeroさんがアップロード

クラーク・カーライル

ブラックプールの下部組織で育成され、1997年にプロ選手となったカーライル。しかし2000年から所属したQPRで十字靱帯を断裂する大怪我を負い、それをきっかけにアルコール依存症となって精神を病み、自殺を試みた経験も持っている。

この情報が含まれているまとめはこちら

現役サッカー選手の3分の1が精神疾患、深刻な問題に直面している欧州サッカー

精神科疾患の原因は、未だ十分に解明されていません。

このまとめを見る