ロベルト・エンケ

2009年11月10日、ハノーファーの自宅近くにあるノイシュタット・アム・リューベンベルゲ・Eilveseの踏切で快速列車にはねられて死亡した。32歳だった。警察は自殺であると判断したが、その詳細は公表されなかった。それまでの6年間鬱病に苦しみ、精神科医に通院していたことを妻が明らかにした。

この情報が含まれているまとめはこちら

現役サッカー選手の3分の1が精神疾患、深刻な問題に直面している欧州サッカー

精神科疾患の原因は、未だ十分に解明されていません。

このまとめを見る