1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tukasa226さん

ほとんどの方が大安という良いお日柄に結婚したいと思っているはずです。しかし、これはブライダル業界の仕組んだことだという都市伝説です。お日柄を表す先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口を六曜と言いますが、これは中国から伝来している占いの一種で、いわば曜日みたいなものだといいます。

つまり、六曜自体には良い悪いという認識はないと言います。そして、日本では良くないとされる「仏滅」は、かつて「物滅」と書いていて、ゼロからのスタートを意味する言葉であり、本来は大安よりもお日柄的には良い日とされていたと言います。ところが明治維新の時に、政府が呪いや迷信の類(たぐい)をしてはいけないというおふれを出したため、冠婚葬祭を扱う業者が、わざと「物滅」を「仏滅」という悪いイメージに置き換えて、逆に「大安」を良いイメージにさせてしまったと言います。

その結果、昭和に入り「物滅→仏滅」となり、逆に「大安」が良いお日柄という認識が広まってしまったのだと言います。本当の意味でのお日柄が良い日や悪い日には、生年月日などの個人差があるとのことです。

1