1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tukasa226さん

ギャンブルの街ラスベガスでは賭けに負けた人も多く、マフィアなどからの取立てに追い詰められ自殺してしまう人もいるそうです。そのためラスベガスには教会が多く、教会を見て自殺を思いとどまらせたいという理由があるから。また、ラスベガスにあるホテルの窓も開かないようになっており、飛び降り自殺をさせないためと言われています。

そして、ラスベガスの街ではギャンブルに負けて落ち込んでいると、必ず優しく声をかけてくれるナイスミドルなおじさんがいると言います。しかもお酒までおごって慰めてくれるというのです。

そして「人生というのはつらい事ばかりではない。いいこともあるよ」と励ましてくれるそうです。しかし、実のところ、そのおじさんは自殺を思いとどまらせるためにカジノが雇ってるという都市伝説です。

1