1. まとめトップ

仕事量が多すぎる嘆き!サービス残業が多くて仕事時間が長すぎる人の声まとめ

日本の会社では、非効率な作業でサービス残業が増大して社員がストレスを抱える事が増えています。そのストレスがいろいろな形になって社会に害を及ぼす事態も起こっています。仕事量についての意見をまとめました。

更新日: 2014年04月05日

1 お気に入り 44800 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

体調を壊すほどの激務

朝は7時に出社し帰宅は12時。自分の時間は日曜日以外は全くなく、良い事と言えば使うあてのない残業代が預貯金として増えていったことくらい。やってもやっても仕事に追われ、当然余裕がないのでミスも起こす。最後には食欲がなくなり、眠れなくなりました。

残業が多すぎて疲れる

業績好調なのはいいですが、とにかく残業が多く定時(17:30)に帰れる日なんてもちろんありません。9時~22時、23時の毎日。家に着くのは24時~1時。もう疲れました。残業代は100パーセントでるのでお給料だけはいいですが。

定時は17時40分ですが、毎日4~5時間の残務をしております。 また、留守電対応をしていないために夜遅く電話での問い合わせが入り、更に仕事量が増えます。お昼休みも取れないほど忙しく毎日自分の机で食べながら業務をしており正直身体が辛いです…。

残業代を出さない会社

毎日、数時間タダ残業をしています。早く帰りたいけれど、自分の仕事が終わっても、周りが忙しそうにしていると自分だけ先には帰りにくい雰囲気で、結局残ってしまいます。

薄給(年収190万円)、年一回の決算賞与が業績赤字が続いている為、ここ数年ナシです。残業代は入社当初に先輩からナシと言われたので、繁忙期(12月~3月)は嫌々サービス残業です。このような飼い殺しの状態では、モチベーションが上がるワケがありません!

物流(倉庫)関係の職場はこんなものでしょうか?自分は事務員ですが、残業が多く(月70~100時間弱・ほぼサービス残業です)、事務仕事だけでなく、ピッキング等の出荷業務もやるよう指示されます。出荷量も、特に最近は、倉庫規模や従業員数に見合っていない、膨大な量の注文がくるので、当然人が足りず、事務員まで動員し夜遅くまでやっています。

健康はお金では買えない

健康はお金では買えないのですよ。仕事の為に(自分の経営する会社でもないのに)身体を壊すことは、バカらしいしもったいないこと。

そんな生活を続けていたら、大学卒業まで2.0あった自慢の視力が、1年後には0.2にまで低下。そこでは5年頑張りましたがもっと条件のいいところに転職しました。今思えばあの5年間って実に無駄な日々だったと思います。

知人で、30歳代前半で、激忙のため、お夕飯を毎日24時以降に食べる日が続いて、糖尿病になった人がいます。その後はずっと食事に気をつけて過ごさないといけなくなりました。

上からは、最近、私の仕事の質が悪くなったと叱責を受け、つらいです。最近体調を崩しがちで、二日重い風邪で休み、まだずっと体調不良が続きながら働いています。

残業大歓迎の人もいる

私の場合30時間以上の残業が毎月普通にあります。生活がありますので、もっと多い方が良いと思っています。60~80時間程度が理想ですね。通常は残業は単価が良いはずです。2割5分増しになります。ですから、残業大歓迎です。

仕事ができる人に仕事があつまる

社会人を20年以上経験していますが、仕事の出来る人には仕事が集まって、結果そうそう定時には帰れていませんよ。仕事の出来ない人には仕事頼まないし、早く終わったからって毎日早く帰れる人は、所詮その程度ってみんなわかってますよ。

正しい働き方にしていくべき

労働者に時間外・休日労働をさせる場合、「時間外労働の限度に関する基準」が定められています。この基準により例えば1か月45時間、1年360時間などの限度があります。

月の残業時間が30時間を超えるってことは、仕事に無駄が多いってことですよ。そんなことだから国際競争力がガタガタに落ちるんでしょうね。仕事中は1秒もわき目も振らずに、定時には上がる。そして、家族サービスと健康管理、地域活動、自己啓発に励む、ってのが正しい働き方。

仕事のやる気もでなくなっていく・・・

1 2