1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ブッ飛び技術革新!3Dフードプリンタが魅せる未来

食べ物の概念を根底からゆるがしそうな、3Dフードプリンタの技術がかなり煮詰まってきているようです。たいへん楽しみ。

更新日: 2014年04月05日

hitonamiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 14564 view
お気に入り追加

3Dプリント技術とインクジェット技術を使い、インクジェットカートリッジに乾燥したタンパク質や脂肪などの主要栄養素や香料などをセットし、例えばピザなど、様々な形や食感の食べ物を出力する。

▼続々と登場が伝えられる3Dフードプリンタ

3Dフードプリンタ「Foodini」は、粉砕した食材を専用のカートリッジに入れ、それをノズルから押し出すことで料理を完成させることができる。

一足早く食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が登場しました。水・砂糖・フレーバー・着色料を投入することで、さまざまな形・色・風味のキャンディや砂糖菓子を作ることができます。

▼3Dフードプリンタに期待されること

野菜がどんなに嫌いな子供でも「ブロッコリーで作られている”ランボルギーニ”」なら食べたいと思いませんか?

現在では「牛肉を食べても昆虫からタンパク質はとらない」といった制限がありますが、パウダーであればそのような制限もなく、あらゆる生き物から栄養を取ることが可能。

例えば、年配の男性なら炭水化物は少なめ。スポーツマンは反対に炭水化物が大めでカルシウムが少なめ。妊娠中の女性はオメガ3脂肪酸を十分にとって……ということがパウダーの配合で簡単に調整できるようになります。

▼3Dプリンターで印刷された食べ物たち

出典i.gzn.jp

ユニークな形のブロック菓子

飴細工職人もビックリな入り組んだ砂糖菓子

層状に構成されるピザは、3Dプリンタと相性がいいそうです。

現在はこんなレベルの食事もプリントできるよう。
2014年は様々な企業が3Dプリンタの一般販売を開始する年とされています。今後の動きに要注意ですね。

1





hitonamiさん

ブタが「ブー」って鳴くと思ったら大間違いだ!!!!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう