1. まとめトップ

カラダの「ある部分」が硬いから痩せられない!意外なダイエット方法とその効果!

色々なダイエット方法を試しても痩せれなくて困っている人、多いと思います!それはあまり知られていない意外な「ある部分」が硬いからです!今回はその「ある部分」の柔軟性の大事さ、改善方法等をまとめました。

更新日: 2014年04月05日

98 お気に入り 161401 view
お気に入り追加

足首が代謝の要?

前屈の深さとか、両手が床に着かないと固いと言われますが、意外と気づかれてない重要な部分の可動域というのが「足首」。

足首の固い人は、骨盤の動きも悪く、血流が滞ったり代謝が下がり気味になり、結果体重が増えてしまっているのです。

実は場所は離れていますが、足首と骨盤は元々体の構造上連動しており、生殖器にも影響を与えていると言われています。

足首の硬さチェック!

両足をそろえて立ち、その状態でしゃがんで膝を抱えてみる。しゃがんだ姿勢をキープするのが難しい人、しゃがもうとした時にひっくり返ってしまった人は、脚首がかなり硬くなっている。

足首が硬くて、かかとをついたまましゃがむことができないので、和式トイレを使うのが昔から辛かった。

実は、このように足首が硬くて上手くしゃがめない方って結構多いんです。
足首の硬さが原因です!

何で足首が重要なの?

足首がふくらはぎの動きを左右してしまうから!足首が硬いとダイエットや健康にとって大切な新陳代謝の流れに悪影響しまうんです。

脚は筋肉が多い部位、足首を回すと多くの筋肉が一度に動く。血液の流れも代謝も良くなり、栄養が全身に行き渡るようになる。

足首は第二の心臓と言われ下半身から上半身に向かって新陳代謝の流れを良くする為のポンプ役。ふくらはぎを柔軟にしてないとポンプの機能が低下してしまい新陳代謝が悪くなる。

足首の硬さと他のカラダの部位の関係!

足首の柔軟性が低下すると、血流が悪くなるだけでなく、お尻にも上手く力が伝わらずヒップや内モモがたるむ原因にもなる。

元々細い足首が固まると、血管やリンパ菅が圧迫され流れが悪くなり、足先が冷えるだけでなく全体の代謝を阻害。足が太くなりやすい大きな原因にも。

ダイエットの為には、身体の血流量を上げると良い。血流をアップさせるのが、骨盤と連動している足首を回すことです。

足首が硬い人の特徴とは?

「冷え症」ですが、足首の関節が硬いことが原因になっているってご存知ですか?

高いヒールを履くと不安定なので、足首に力が入り足首廻りに強い慢性のコリが発生します。要するに足首廻りがコリ固まってしまう。

ふくらはぎに手を当てただけで痛みを感じるお客様もいる。ふくらはぎを揉んでみて下さい。痛みをあればポンプ機能が低下している!

①足首で代謝をよくする為には?

①まずは片足のつま先を台に乗せます。
かかとは床につけておきましょう。
台は電話帳など、5~10㎝ほどの厚みがあるものをチョイス。
台がない場合は、片足を半歩前に踏み出すだけでもOKです。

②ゆっくり前屈します。
足首からふくらはぎ、太ももの裏が伸びているのを感じましょう。
心地よく感じるところでストップし、30秒ほどキープします。
注意

上体を倒すと呼吸が止まりやすくなるので、注意してください。

②足首で代謝をよくする為には?

座って片方の足首を太ももの上に上げて、上げた方の足首を手で持って、ぐるぐると内側に、外側に回すだけです。

これを繰り返せば骨盤の動きが良くなり、骨盤が本来あるべき位置に戻りやすくなります。

1 2





整体師.comさん

身体についての記事をメインに書いていこうと思います。

このまとめに参加する