1. まとめトップ

人にはそれぞれ「認識の違い」が存在するらしい

生きていく上では人間関係、仕事、勉強の悩みなど様々な悩みがあると思います。今回は、その悩みを「認識の違い」という視点から見て、調べてわかったことを皆さんに伝えようと思います。 心理テストで自分を知って他人も知ってみましょう!!

更新日: 2017年07月04日

umbreaonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 175626 view
お気に入り追加

▶人それぞれ認識している世界は違う!?

自分がこの知識を知っておいて何度か助けられたことがあったので、皆さんにも是非共有し少しでも手助けになればと思いまとめました。これを知っておいて損はないと思うので頭の片隅にでも置いて頂けると幸いです。

ぼくらが世の中を認知するやり方は、実は人それぞれ違います。同じ世界を前にして、その認知の仕方が人それぞれ違うんですね。

人間には五感というものが存在しますよね?

視覚
聴覚
嗅覚
味覚
触覚

この5つです。

人というのはこの5つの感覚を用いて
自分の周りの世界を感じることができます。

実はこの五感には
人それぞれに優先度が存在します。

▶主に「視覚優位」「聴覚優位」「体感覚優位」の3タイプ

まずはあなたがどのタイプかを様々な方法で診断してみましょう。

各タイプ別に簡単な7つの質問をしますので
番号をメモしていただければと思います。

質問1:この中でよく使う言葉はどれですか?
1:「はっきりしてる」
2:「自分はこう思う」
3:「これは気になる」

質問2:会話するときどんな動きをよくしますか?
1:「手をよく動かす」
2:「手が口元にいく」
3:「体をよく動かす」

質問3:会話するときどこをよく見ますか?
1:「上を見がち」
2:「きょろきょろしがち」
3:「下を見がち」

質問4:どの状況が一番苦手ですか?
1:目がチカチカするような場所(例:ゲームセンター)
2:ざわざわとうるさい場所(例:ファミレス)
3:通勤ラッシュで混み合った電車内

質問5:学校の授業はどんな授業が好きでしたか?
1:教科書や黒板を見る
2:先生の話を聞く
3:黒板を書き写す

質問6:海と聞いて思い浮かべるのは?
1:海岸から海を眺めている様子
2:波の音やカモメが鳴く声
3:海を泳いでいる様子

質問7:次の中で好きなことは?
1:映像を見ること!
2:音を聞くこと!
3:体を動かすこと!

どの数字が多かったでしょうか?

1が多かった人→「視覚優位」の傾向が見られます。
2が多かった人→「聴覚優位」の傾向が見られます。
3が多かった人→「体感覚優位」の傾向が見られます。

他の人の優位システムを判断するのに、「よく使いがちな言葉」を追加してご紹介します。

☆視覚優位の方が使いがちな言葉・表現
見る・書く・映す・目にはいる・注目する・イメージ・反映する・見通し・視野・ビジョン・見解・場面・明るい・大きい・まぶしい・キラキラ・ピカピカ

☆聴覚優位の方が使いがちな言葉・表現
聞く・言う・説明する_論じる・耳にする・響く・テンポ・リズム・ハーモニー・声・音・発言・雑音・うるさい・騒がしい・静かな・リズミカルな・(声・音が)大きい・しーんとした・がやがや・ざわざわ

☆体感覚優位の方が使いがちな言葉・表現
感じる・触る・押す・緊張する・安心する・腑に落ちる・感覚・気持ち・味・香り・温度・プレッシャー・緊張・重い・温かい・おいしい・しっくりする・ずっしり・ソフトな・ふわふわ・イライラ

さらに詳しく↓↓↓

※注意

「眼が良い」とか「耳が良い」というテストでは有りません。
誰か他の人より優れているというものを判断するものでも有りません。

物事を考えるプロセスなどにおいて
自分がどういった傾向にあるかを知るためのテストになります!

あなたはどのタイプに当てはまりましたか?
次にそれぞれの特徴について見てみましょう。

▷視覚優位な人の特徴

・空間認知が得意、何かを図で認知するのが得意
・人の顔を覚えるのが得意
・ざっと見ただけで、全体の関係性を理解できる
・フレーズや歌詞を覚えるのが苦手
・ごちゃごちゃしている部屋が苦手
・頭のなかで、言語ではなく映像を使って思考する(映像思考)

・身振り手振りが大きい。
・見た目や結果にこだわる。
・結果が見えないとやる気が起こらない。
・効果的であることが好き。
・違いを目のあたりにしたい。
・気持ちが変わりやすい。

▷聴覚優位な人の特徴

・時間を追って、段階的に理解するのが得意(経次処理)
・全体よりも細かいことに関心を示す
・フレーズや歌詞を覚えるのが得意
・リスニングが得意
・BGMを思わず聴いてしまい、集中できない

人の顔を覚えるのが苦手なようです。

・自問自答、独り言をよく言います。
・言葉で伝えたことをそのまま、復唱をかんたんに出来ます。
・音に敏感。雑音があると集中できません
・論理的に話してもらわないと嫌がります。
・うんちくや有名人といった権威性に弱い。
・話に矛盾があるのを嫌う。
・聞いて学習することが得意。
・音楽を聞くことが好き。
・記憶に音(声)や音声がともなっていることが多い。
・話す時に、言葉に詰まったり、言葉が出なかったすると過度に焦る。

▷体感覚優位な人の特徴

1 2 3





umbreaonさん


よろしくお願いします。
幅広いジャンルをぼちぼちまとめています(●´ω`●)