1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

kaisendonさん

~あらすじ~
助けた亀に連れられて海底の竜宮城へ行き3年間を過ごすが、浜に帰ると既に300年が経っており、お土産にもらった玉手箱を開けると一気に老人になってしまう。

浦島太郎は海の中(竜宮城)ではなく、宇宙へ行った?

浦島太郎の話には宇宙人につれ出された人間が、浦島太郎の物語として伝えられたという噂がある。

「浦島太郎は、宇宙旅行の物語であるという可能性が考えられます」とは、(中略)京都情報大学院大学教授の作花(さっか)氏の言葉。

竜宮城には3年しかいなかったのに、実際には300年経っていた謎

浦島太郎が故郷へ帰ると、何故300年も年を取らなかったのか?
→ 光の速度で移動していたため。

昔話『浦島太郎』では、浦島太郎が竜宮城で3年過ごすうちに、地上は300年が経っていた。この現象を相対性理論で説明するには、竜宮城が光速の99.995%で飛んでいたと考えることができる。

光の速さで移動すると時間が遅くなる?【相対性理論】とは?

物理学の革命と言われ、時間と空間の概念を一新するとともに、原子力開発にも結びついた。

光速に近い速さで運動する物体はほとんど時間の進みがないことになる。

光の速さに近づくと時間が遅れるって本当ですか?
ーそうなんです。もしも、光の速さに近いようなスピードの宇宙船にのって旅行をしているならば、その宇宙船の外側にいる人からみると、宇宙船の中の時間はゆっくり進む、つまり時間が遅れているのが観察できます。

こうした「運動している物体の時の流れが遅くなる」現象を、この物語に因んで「ウラシマ効果」と呼ぶ。

相対性理論を基に計算すると、3年が300年になった辻褄が合う!

光速に近いスピード(光速の99.995%)で移動するとすると、宇宙船内の時間はゆっくり、もしくはとまったようになる。

つまり、地球での時間との差が生じることになる。アインシュタインの特殊相対性理論では、宇宙船内の3年間が地球上での300年に相当するとある。

亀が宇宙船だったらどうか。光に近い速さで地球から「竜宮城」という星、またはスペースステーションに行ったとしよう。その際に相対性理論により地球と時間のズレが150年生じてしまった。同様に帰った時に150年。滞在期間と足し合わせると約300年になる。

おとぎ話なのにハッピーエンドではなく、理不尽なバッドエンド

いじめられていた亀を助けたのに、最終的に一人ぼっち、いきなり老人になってしまうという理不尽なバッドエンドが、実話をもとにしていると言われる所以。

浦島太郎はなぜ、良いことをしたのにこんな仕打ちを受けたのか?
→ 物語ではなく事実だったので、ハッピーエンドで終わらせる必要が無かった。

「浦島太郎」というのは宇宙人に連れ去られた人が後世に残したかすかな記憶なのか、はたまた、宇宙人からのメッセージなのか。

ドラえもんの作品でもこのテーマが取り上げられています。

スネ夫の家でSF映画を見るいつもの4人。その映画の中で、主人公だけ年を取らないことを疑問に思うのび太に、スネ夫は「相対性理論」の説明をするが、のびたには全く理解できない。「浦島太郎は実は宇宙旅行に行っていたのではないか」というしずかちゃん。作り話だと相手にしないドラえもんだが、一応航時局調査課へ問い合わせると、なんと浦島太郎は実在したということが判明し、タイムマシンで1049年に向かう5人だが・・・

1