1. まとめトップ

留学したい大学生必見!【格安語学留学】フィリピン留学

夏休みのご予定は?友人と旅行?それとも、1ヵ月だけ、楽しみながら自己投資してみる、、?

更新日: 2015年07月10日

16 お気に入り 6931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

callme.joさん

フィリピン留学【格安語学留学】の人気が急上昇

2010年には、日本人経営の語学学校は3,4校ほどしかありませんでした。
それが2013年の現在では大小さまざまですが、約20校ほどあるのです。

フィリピン政府観光省調べでは、
2012年にフィリピン留学をした日本人の人数は2010年時の4倍以上となっています。
2013年はそれを上回る勢いなのではないかと業界ではウワサされています。

対象:全ての英語学習者

①英語を話したい②世界中を旅行したい③将来の可能性を広げたい④留学したいけどお金が無い⑤何かに挑戦したい 等

高校生から60代の定年間近の方まで留学先でお会いしました。

【僕自身の留学前について】

・貧乏生活を送っていたが、漫然と英語を話したいと思い続けていた。
・大学受験で英語を勉強した後、TOEICの勉強をしたり、TEDやCNNなどで英語を聞いたりしてたが、英語を話す機会もなく勉強に身が入らなかった。
・そこでオンライン英会話に挑戦するも、会話の基礎もないしモチベーション維持ができなかった。

→フィリピン留学に出会う

1.コストパフォーマンスが素晴らしい

【コスト】

① 1ヶ月10万~15万円(授業料、宿泊代、食費、光熱費等すべて込み)

平均1ヶ月40万~50万円必要とされる欧米留学と比べて、3分の1前後のコストで留学することができる。食事も毎日3食付き、日本人の口に合うように思考錯誤している学校も多い。

①‐2 航空券が往復4万~7万程

LCCなども現在急速に栄え、同じアジア地域であるため欧米までの片道の額でフィリピンまで往復できる。

①‐3 物価が安い

生活用品、食費、アルコール類等本当に物価が安いです。だいたいのモノが日本の半分以下の値段で購入できます。東南アジアの最大の魅力ですね。

【パフォーマンス】

② マンツーマン授業が主流

日本国内や欧米留学でマンツーマン授業が受けれる機会はほとんどない。
日本の英会話教室でマンツーマン授業を継続的に受講すると、どれほどの金額がかかるのか想像するだけでも恐ろしい。

②-2 レベル別授業が可能

10~15人以上のグループレッスンとは異なり、レベルに合わせて授業をしてくれる。英語ができる人だけが話してしまい「話す機会が無い」なんて悲惨なことにはならない。
グループレッスンの場合も5~6人ほどが上限とされており、少人数授業は徹底されている。

②‐3 話す機会が圧倒的に多い 1日6時間もマンツーマン!?

平均して1日6時間前後マンツーマンで英語を話す機会がある。
僕が留学した学校『CNE1』では先生も学校内で生活しており、授業後も話す機会が何度もあった。
英語学習者にとって最高の環境である。

●欧米留学・日本の英会話学校とのコスパ比較を簡単に

1 2