1. まとめトップ

防ごう二重あご!数分の小顔トレーニングを習慣に!

脂肪だけが原因ではない「二重あご」。パソコンやスマホに長時間向かう方は要注意。二重あごでお悩みの方も、予防にも、小顔対策やダイエットにも。。。家や仕事の休憩時間等空いた時間でサクッとできるものをまとめました。

更新日: 2018年04月24日

20 お気に入り 7896 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jackfrostenさん

二重あごは脂肪だけが原因ではありません。

仕事や趣味で下を向いたままパソコン作業をする、長時間スマホを触る、日中は一人で表情を変えずにる時間が長い方は要注意。

首まで前のめりになると、あごに老廃物もたまりやすくなり、二重あごにつながってきます。

悪い姿勢も要注意で顔の筋肉を引き下げ弱らせる要因になります。顔の筋肉が緩んでしまうと顔の靭帯も徐々に伸びて顔全体のたるみの原因になるので要注意です。

▼空いた時間にストレッチで解消!

天井を見上げ、唇を思い切り突き出して「ウー」と発声してください。声を出さなくても、あごから首にかけての筋肉が伸びているのを体感できればだいじょうぶです。

そして舌を思い切り突き上げ、まるで車のワイパーのように左右に動かします。これを8往復×3セット、その日の体調に応じて行ってください。

顔を上下に向けながら、「ポ」・「リ」・「バ」・「ケ」・「ツ」と、一文字ずつゆっくり発声しましょう。

15秒くらいかけて、ゆっくりと行うのがよい。
こちらも声を出さなくても筋肉が使えていれば大丈夫です。

▼パチパチウインクで目元の筋肉を使おう

左右両方の目でウィンクをします。ゆっくりと大げさに意識して片目を大きく見開き、もう片方はつぶります。これで目の周りの筋肉を鍛えることができます

1セット10回が目安

▼ リンパマッサージをしよう

1鎖骨を指で何度かさすっておきます。

2あご周辺のフェイスラインを人差し指と親指で軽くつまみ、反対の手を耳の後ろに添え、耳までフェイスラインをなぞりあげるのを左右交互に繰り返す。

3首を鎖骨の方へと撫でさする。

4耳の後ろを押したり、耳全体を揉みほぐしたりするのも効果的。

リンパマッサージは気持ちいいくらいの力加減で行いましょう。リンパは、皮膚のすぐ下にあるので、撫でるくらいの力でも十分な効果が得られるのです

やりすぎは逆効果になるらしいので注意

顔の血行が良くなるので、スッピンでも顔色が良くなったり、メイク前に行うと化粧のノリもよくなり、気分がいいです。

▼ ツボ押しをしてみよう

同時押しが効率的。

両手の親指を重ねて、上廉泉に置き、人差し指を頬車に置いて、ぐぐっと押し込みます。

両手の親指を、左右それぞの魚腰にあてて、
ゆっくり押し、ゆっくり離しす。
これを5~10回繰り返します。

まぶたのむくみの解消、目元のしわや涙袋のたるみの改善に効果があるといわれていうるツボです。さらには、白内障や老眼、乱視にも効果があるといわれている

1