1. まとめトップ

助けて!私の結婚生活がつまらない!楽しくない!結婚の厳しい現実。離婚の原因にも

結婚したのは良いけれど、結婚後の生活がつまらなくて、楽しくないと結婚後に悩む女性が増加しています。旦那が面白くないので、結婚後につまらない生活を過ごすという事が離婚の原因にもなろうとしています。

更新日: 2017年08月21日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
39 お気に入り 498142 view
お気に入り追加

結婚したらつまらない人生になった!

旦那がつまらない人だと、人生がつまらなくなります。

結婚生活がつまらない。離婚したい、一人になりたいと毎日イライラしています。結婚して4年目、30代前半です。子供はいません。欲しいのですが夫が非協力で出来ません。結婚してから、夫の嫌な所ばかり目についてどんどん好きな気持ちが無くなってきました。

自分で好き勝手に生きている私が、結婚したのが、間違えだったのは分かっています。旦那さんはいい人だし、子供も可愛いので、この家庭を壊す事はいけないし、自分のとった行動(結婚・出産)を責任をとって全うしなくてはいけないとは思っているので、あきらめはあるのですが、やっぱりつまらないんです。

そうあなたと同じでなんか全然つまんないんですよ!私もあなたも多分結婚不適格な人間でようするに自分勝手な自由人なんですよ。結婚てこういうもんだったなやめときゃよかった。なんて私はしょっちゅう思います。周りからはもっと感謝しないと痛い目にあうよって怒られます。

結婚して1年ですが初めは楽しかったです。しかし会話があまりなく笑いがないので私はいつも馬鹿な事を言ったり踊ったりして笑いをとって努力してます。(中略)当然初めあった愛情ももう薄いです。腕枕をしてくれたのも 3日坊主です。仕事で疲れてるのも分かります。けど家族となるとこんなんでは楽しくないと思うんです。

最近では、一緒に居てつまらない、うざいと思うことも多くて、何でこの人と結婚したんだろうと思ってしまう時もあります。結婚3年目、子なし旦那としたいとも思わなくなってしまい。このままではレスになり、子供も難しそう

結婚前には気にならなかった嫌なところが目につく理由。それは、違う環境で育った二人だから。価値観の違いがまず一つ目の理由になります。二つ目の理由は、一緒にいることが当たり前になっていてありがたみを感じていないから。毎日同じ家で暮らしているからこそ、嫌なところが目につくものです。

毎日この時間、午後7時くらいになると憂鬱になります。子供とご飯を済ませて、主人がもうすぐ帰ってきます。主人が帰ってきたら、お風呂・ごはん・次は寝る。と決まりきったことの繰り返しです。何を楽しみに明日を思い描いていいのかわかりません。

夫をもう愛していません。会話も無く、夫婦生活も無く、いっしょにいても間が持たず、つまらないです。将来もっと愛し愛される人と出会う可能性のためには離婚したほうが良いのでは?と思い悩んでいますが、可能性だけのために自分から離婚を言い出す勇気が出ません。

二人で住み始めて1ヶ月ほどたつのですが、会話も少なく思い描いていた新婚生活とは大違いです。一言で言ってしまうと「つまらない」です。私から話しかけても返事がそっけなかったり、たまに無視されたり。

お互いに忙しすぎて結婚の意味無し

私たちは2年つき合って半年同棲して結婚しました。なのでまぁ新鮮味に欠けるのも仕方ないんですが。ダンナ(30代半ば)はとにかく仕事が忙しく、11時ごろ帰ってきてご飯を食べたらそのままソファで寝てしまいます。休みの日もそうですね・・。

私のワガママが大部分かもしれないのですが、結婚している意味が分からなくなりました。 夫は激務で、帰宅が早くて終電(電車で一時間かかるので日付が変わる頃家に着く)土日祝などの休みも休日出勤や出張があったりで、あんまり顔を合わせない暮らし。相談したいことがあってもその時間がない。

会話は自分から話しかけることはなく、わたしから話しかけるときちんと受け答えをしてくれます。夫婦生活も自分からは誘わず、わたしから誘えば応じてくれます。ただ、1年でもわたしが誘わなければ何もありません。

結婚がゴールになってしまう

夫が面白くないという事実は、結婚してからはじまったわけではなく、夫自身は以前から変わっていないのです。にも関わらず、妻のほうが「結婚する」という人生の一大イベントに浮き足だってしまい、夫となる人の本質を見るというよりは、「結婚する」ということのほうを重視してしまいます。

結婚式がピークとする考えが危険なのは、結婚にまつわる一連のイベントが終わってしまうと、気持ちが下降する一方だからです。結婚して5年未満に離婚を決意する夫婦が多い理由の一つでもあるでしょう。

女性は何かと“結婚すれば幸せになって全てがうまくいく”という夢物語を思い描きがちです。しかし、理想を描くほど、ずれたときに修正がしづらいともいえます。“結婚”というラベルに惑わされず、結婚前からしっかり現実を見つめることが大事

結婚生活を維持するためにはわがままな要求しすぎないで、 ちょっとした不満は我慢する忍耐力が必要なのかもしれません。 結婚はゴールではなくスタートラインです。

夫に理想を押し付けない

パートナーに対して、ああして欲しい、こうして欲しいと「理想の夫像」を押しつけるのはNG。理想の夫への執着が強ければ強いほど、理想と現実の違いに直面して絶望することになり、その先に延々と続く結婚生活を続けていくことが難しくなってしまうからです。

つまらない結婚生活を楽しくしよう!

結婚前はどうしても都合の良いことばかり想像して期待してしまいますが、いってみれば結婚は日常生活の積み重ねに過ぎません。二人で送る日常生活を、どうすれば楽しく素敵に過ごせるかは、二人の相性と努力にかかっています。

「今日は暑かった」とか、「急に涼しくなったね」というなんでもない会話があるだけで、夫婦関係はわりと円滑にまわるようです。

1 2





misukiruさん