1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

タクシーと同じように使うことも可能?! 日本に上陸した「Uber」がなかなか新しい

これまでにない新しいサービスの「Uber」が我々の生活を大きく変えるかもしれません。

更新日: 2014年04月07日

258 お気に入り 79566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

morintaroさん

・日本でも徐々に使われ始めてる?

タクシーより、少し高いのかな。まだ試せてないから使ってみたい(=゚ω゚)ノ /日本上陸した配車サーヴィス「Uber」がもたらす新たな価値 gunosy.com/g/gf0Fy

・2014年3月日本に上陸したばかりの「Uber」

スマートフォンアプリでハイヤーを配車できる「Uber(ウーバー)」がいよいよ東京で本格的に始動する。

昨年11月から試験運行を開始していたが、3月3日より正式に東京でサービスを開始。

・「Uber」ってどんなサービス?

「Uber」は、スマートフォン経由で短い距離でも低価格で利用できる運転手付きの貸切自動車を予約できる

利用者は事前に運転手の写真や他の顧客の評価を見て選べるうえ、事後にも評価できるため、安全・安心な高級リムジンサービスをタクシー感覚で利用できる

運転手の評価制度が重視されているのもポイントのようです

「この場所に呼ぶ」とすると、近くにいるハイヤーがこの場所まで来てくれます

事前の予約は必要なく、タクシー乗り場で待つ必要もありません。

目的地までの料金が事前登録したクレジットカードで決済される

なので、運転手さんとの金銭のやり取りがなくスマートに利用できる

目的地に到着後、料金を自動的に清算し、Eメールにて領収書をお送りします。

・「Uber」はタクシー?それともハイヤー?

日本ではタクシーの規制が厳しいこともあり、運営会社のウーバー・ジャパンは第二種旅行業として登録。
既存のハイヤー会社などと提携してハイヤーと運転手を提供してもらう仕組みとした。

ここが「Uber」の全く新しいところですね

Uber日本法人の塩濱剛治社長

日本のタクシーはルールを守り、安心安全さは世界でもトップクラス

そのため、タクシーサーヴィスではなく、気軽に呼べるハイヤーサーヴィスとして差別化したいと考えています。

1 2